吉沢亮が広瀬すずに「最低の演技だ……」と呆れ顔 『一度死んでみた』本編映像

吉沢亮が広瀬すずに「最低の演技だ……」と呆れ顔 『一度死んでみた』本編映像

 3月20日に公開される『一度死んでみた』より、本編映像が公開された。

 本作は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなど数多くの国民的CMを世に送り出してきたCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本を手がけ、au「三太郎」シリーズなど人気CMを手がけるCMディレクターの浜崎慎治が映画初監督を務めたオリジナルコメディ。

 売れないデスメタルバンドでボーカルをしている女子大生の七瀬(広瀬すず)は、父・計(堤真一)のことが大嫌いな反抗期こじらせ女子。バンドのライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、計が突然死んでしまったとの知らせが。実は「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。ところが、2日後に生き返るはずが、彼をそのまま亡き者にしようという陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下で存在感のなさすぎる松岡(吉沢亮)とともに立ち上がることを決意する。

『一度死んでみた』本編映像

 このたび公開されたのは、父親の絶体絶命のピンチを救うために、七瀬と野畑製薬の社員で計の秘書・松岡が、告別式を開催して生き返るまでの時間を稼ごうとするシーン。まずは野畑製薬の役員たちを説得するべく、松岡は計の娘である七瀬が「告別式をやりたい」と泣き落とし、情に訴えかける作戦を思いつく。「君、演技できる?」と聞く松岡に、髪をかき上げながら「めちゃめちゃ、うまいわよ」と自信満々の七瀬だったが、松岡も思わず「最低の演技だ……」と呆れ顔になってしまう、七瀬の泣き真似演技が収められている。

■公開情報
『一度死んでみた』
3月20日(金)ロードショー
出演:広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一(JAXA宇宙飛行士)、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡
監督:浜崎慎治
脚本:澤本嘉光
音楽:ヒャダイン
配給:松竹
製作:松竹、フジテレビジョン
(c)2020 松竹 フジテレビジョン
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/ichidoshindemita
公式Twitter:@shindemitamovie
公式Instagram:@ichidoshindemita

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる