『デジモンアドベンチャー』とは何だったのか “無限大の夢のあと”に斬り込む最新作に寄せて

『デジモンアドベンチャー』とは何だったのか “無限大の夢のあと”に斬り込む最新作に寄せて

 同級生の友人とカラオケに行けば、誰かが必ず和田光司の「Butter-Fly」を歌う。私は、「そういう世代」のひとりである。

 1997年、後に世界累計800万個以上を売り上げる携帯型ゲーム「デジタルモンスター」が発売された。タマゴから生まれるデジモンを育て、戦わせ、進化させる。「手の中の小さなデバイスでモンスターを飼う」独特の体験は、「戦うたまごっち」として大ヒットを記録した。小学校で「持ち込み禁止」のお触れが出回ったのを、今でもよく覚えている。

 その勢いは衰えることなく、「デジタルモンスター」を原案とするアニメ『デジモンアドベンチャー』が1999年に放送を開始。八神太一たち8人の「選ばれし子どもたち」が、各々のパートナーデジモンと共に大冒険を繰り広げる。ウォーグレイモンの雄姿に拳を握り、ピノッキモンの最期に震え、パンプモンとゴツモンに泣き、宙を舞う帽子に胸を打たれ、島根にパソコンがないことを嘆く。「そういう世代」の子どもたちは、あの世界観に大いに熱中し、自分たちもいつか「選ばれる」のではないかと、空想を膨らませたものだ。

「そういう世代」にとってのマスターピース

 『デジモンアドベンチャー』のベースには、太一たちが織り成すジュブナイルなドラマがある。デジタルワールドという異世界での冒険を通して描かれる、勇気や友情の物語。そして、それに付随するモンスターたちの圧倒的な魅力。「恐竜」「怪獣」「ロボット」「幻獣」「マスコット」「クリーチャー」……多種多彩な姿を披露する、「進化」というギミック。ここぞという場面で巨体に進化し、そして戦いが終わると元の姿に戻るというパターンは、さながら特撮ヒーローにおける「変身」の魅力をも兼ねていたのだ。

 進化のシーンで流れる宮崎歩の「brave heart」、あの「ギュインギュインギュイーーン」のイントロを耳にするだけで、条件反射のように胸が高鳴る。それは、中学・高校に進学しても、大学生となり親元を離れても、社会人として働くようになった今でも、全く変わらない。そう、『デジモンアドベンチャー』という作品は、「そういう世代」の人間にとって紛うことなきマスターピースなのだ。ひどく神格化されているといっても過言ではない。

 そんな強烈なノスタルジーに、放送開始20周年を迎えた2020年、ひとつのピリオドが打たれる。「八神太一たちの最後の物語」と銘打たれた映画最新作、『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』だ。

 ストーリーは、太一たちの冒険の夏から10年以上が経った2010年が舞台。太一やヤマトは大学生となり、それぞれの進路に悩む日々を送っていた。そんな中、世界中の「選ばれし子どもたち」の周囲で、ある事件が発生。その原因とされる謎のデジモン・エオスモンを追い、太一とアグモンたちの共同戦線が幕を開ける。しかし、その果てに待ち受けていたのは、「選ばれし子どもが大人になるとパートナーデジモンはその姿を消してしまう」という、衝撃の真実だった……。

 本作に、細田守監督による名作『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』が強い影響を与えていることは明白だろう。インターネットの世界に現れる謎の悪性デジモンと、それがもたらす脅威。招集が飛び交う選ばれし子どもたちのコミュニティに、急造チームによる討伐作戦。「世代」の人間であれば、慣れ親しんだプロットに否が応でも目を奪われる。

 また、アニメシリーズの放送前日に公開された1999年の映画『デジモンアドベンチャー』も、その存在感を発揮。予告映像でも印象的に流れているモーリス・ラヴェル作曲のボレロや、巨大な鳥の姿をしたデジモン・パロットモン。ビルの谷間でがっぷりとぶつかりあう2体のデジモンは、まるで怪獣映画を観たようなあの時の興奮を鮮明に思い起こさせる。街中に溢れる有象無象の電子音も、確かなスパイスだ。

『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』 LAST PV

 そういった濃厚なファンサービスの上で繰り広げられるのは、「パートナーデジモンとの別れ」というテーマである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ