“女性の犯罪映画”はどのように生まれた? 『ハスラーズ』監督が語る、J.Loのプロデュース力

 2019年秋、アメリカでロングヒットを記録した『ハスラーズ』。ニューヨーク・マガジンに掲載された記事「The Hustlers at Scores」をもとに製作された本作は、2008年のリーマン・ショック後、困窮したニューヨークを舞台に、ストリップクラブで働く女性たちが、世界最高峰の金融地区ウォール街の裕福なサラリーマンたちから大金を奪う計画を企てる模様を描いた犯罪映画だ。プロデューサーでもあるジェニファー・ロペスと、『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウーがダブル主演を務めている。

 まもなく授賞式が開催される第92回アカデミー賞では、ノミネートを逃すこととなったジェニファー・ロペスだが、ゴールデングローブ賞をはじめとした前哨戦では、助演女優賞部門で高く評価された。女性ストリッパーたちのリーダー的存在ながら、ただ「強い女性」なだけではなく、男性を性的に誘惑しながら犯罪に手を染めていく一面も持ったラモーナという複雑な役柄を、見事に体現してみせたジェニファー・ロペス。劇中では、華麗なポールダンスも披露している。

 カーディ・Bやリゾなども出演し、多様な魅力を持った女性キャストをまとめあげたのが、ローリーン・スカファリア監督。アメリカで絶賛された理由やキャスティングの裏側まで話を聞いた。

「誰もが主役を張れるような存在感」

ローリーン・スカファリア監督

ーー『ハスラーズ』は、アメリカで大ヒットし、数々の映画賞にもノミネートされましたが、この反響についてはどう受け止めていますか?

ローリーン・スカファリア(以下、スカファリア):まさかこんなに反響があるとは思っていなかったので、圧倒されています。私は最初、脚本だけで参加するつもりだったのですが、監督も担当することになり、この映画を制作する過程がとても大変だったので、こんなに多くの人たちに観てもらえていることが嬉しいです。きっと、観客が登場人物たちに共感してくれて、自分たちの葛藤や苦しみ、フラストレーションを登場人物たちの中に感じてくれたのだと思います。人気の理由の一つとしては、ストリッパーやその世界には偏見があるけれど、本作ではそれが裏切られることで驚きがあるからではないかと考えています。ジェニファーのパフォーマンスも素晴らしいので、そういったところも認められているのではないでしょうか。

ーージェニファー・ロペスはプロデューサーとしても本作に携わっていますね。

スカファリア:脚本を書いている段階では、ジェニファーをキャスティングしようとは思っていませんでした。私が監督をやると決まってから、ラモーナはジェニファーにやってほしいと思うようになったんです。そうしたら彼女がこの作品をすごく気に入ってくれた。彼女自身がもともとプロデューサーとして優秀で、ストリップクラブの世界を映画で描くことは珍しいからプロデューサーとしても関わりたいと言ってくれて、兼任することになりました。ジェニファーがニューヨーク出身なのもあって、俳優としてもプロデューサーとしてもこの映画が何を伝えようとしているのかを理解してくれました。特にこだわったのは、エントランスの登場シーン。彼女はプロデューサーとしても女優としても現場をコントロールしながら、さらに過酷なトレーニングもしてあのストリップダンスのシーンに挑んでくれました。ある意味、スポーツムービーを撮るような感じで、こだわって撮影したシーンなんです。


ーーW主演のコンスタンス・ウー、そしてカーディ・Bやリゾなどのポップスターも登場するなど、豪華な出演者が揃いました。キャスティングはどのように行っていったのでしょうか?

スカファリア:今回のキャスティングでは、多様性のある個性あふれる俳優たちに出演してもらいたいという願いがありました。リゾやカーディ・Bはポップアイコンでもあり、彼女たちの言動やパフォーマンスが若者たちに影響を与えていて、出演者誰もが主役を張れるような存在感のある俳優に出演してほしかった。実は、リゾやカーディ・Bが本作に参加したのは、ジェニファーがプロデューサーであることが大きく影響しているんです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ