高杉真宙×岸井ゆきのが語る、『前田建設ファンタジー営業部』独特の撮影現場とアドリブ合戦

高杉真宙×岸井ゆきのが語る、『前田建設ファンタジー営業部』独特の撮影現場とアドリブ合戦

 映画『前田建設ファンタジー営業部』が、1月31日より公開される。実在する企業・前田建設工業株式会社が、アニメやゲームの世界に存在する構造物・建造物の建設をしたらどうなるかを検証するWebコンテンツを実写映画化した本作。小木博明演じる上司のアサガワの「うちの技術で、マジンガーZの格納庫を作っちゃおう!」というムチャ振りで、高杉真宙演じる主人公・ドイを筆頭とした広報グループが振り回されていく様を描く。英勉監督がメガホンを取り、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。

 英勉監督とは、『トリガール!』『賭ケグルイ』でもタッグを組んだ主演の高杉と、紅一点でやる気のない部員・エモトを演じた岸井ゆきのに、本作ならではの撮影現場、小木博明や上地雄輔、ヨーロッパ企画の本多力ら広報グループメンバーとのアドリブ合戦、2020年のビジョンまで話を聞いた。

『前田建設ファンタジー営業部』高杉真宙×岸井ゆきのインタビュー【リアルサウンド映画部】

岸井「みんなで影響しあって生まれた作品」

ーー本作は、実在する企業の「ファンタジー営業部」がモチーフになっているという一風変わった設定です。最初、オファーをもらった時の感想は?

高杉真宙(以下、高杉):最初タイトルを聞いた時、「どういう内容なんだろう?」と思ったのを覚えています。台本がすごく面白くて、一気にテンションが上がりました。英監督が撮る上田さんの脚本ってどうなるんだろう? とワクワクしながら現場に入りましたが、現場に入ってもどういうカラーの映画になるのか想像がつかなかったですね。

岸井ゆきの(以下、岸井):前田建設という実際の会社があって、しかもその会社の中に「ファンタジー営業部」まであると聞いてびっくりしましたし、その面白さを伝えるのが私たちの役割だと思って現場に臨みました。色んなキャストの方々がいて、監督は英さんで……クランクインする前から絶対に楽しい現場になると感じていました。以前に、小木さんとは英さんも監督されている『SICKS~みんながみんな、何かの病気~』(テレビ東京系)というコント番組で共演していたんです。だから、不安はなかったですね。

ーー本作では、アドリブの箇所がかなり多いと感じます。

岸井:みんながアドリブを足していますね(笑)。

高杉:出来上がりを観る時、台本を読みながら観るんですよ。そうすると、みんな台本と実際に言っているセリフが全然違うから、面白いんです(笑)。

岸井:現場にカメラが3台もあるのにもびっくりしました。英監督は「つながりとか気にしなくていいから」とおっしゃっていて。すごく楽しい現場でしたね。

ーーアドリブの多さにプレッシャーは感じなかったですか?

高杉:僕が演じたドイというキャラクターは、アドリブを受ける立場だったので皆さんよりは大変ではなかったかもしれないです。岸井さんはどうでした?

岸井:自分からは絶対にアドリブはしないようにしていました(笑)。ただ、「誰かからセリフが飛んでくるかもしれない」いうアンテナは常に張っていましたね。

ーーほかのキャストの皆さんからのフリが怖かったと(笑)。

高杉:みんな、ひどいですよ(笑)。

岸井:社員それぞれに「長ゼリフの日」があって。だから、担当の人は、その日ずっとソワソワしているんです(笑)。上地さんは長ゼリフだけじゃなくて、計算式や図もホワイトボードに書かないといけないんですが、そういうシーンでもワンカットなので、現場には一定の緊張感がある。カットがかかって、OKが出たときはみんなで盛り上がるんです。

ーー小木さん、上地さん、本多さんが広報グループの中心になります。

高杉:皆さん、それぞれがオリジナルなんですよね。真似できないなと思うことばかりです。

岸井:この映画はみんな考え方や表現方法が違うのに、一緒になっているのが面白いんです。例えば、小木さんはセリフを忠実に再現することは気にしていないんですが、ご自身のリズムを重視していらっしゃるんです。声量がすごいから、迫力もあるんですよ(笑)。上地さんは、迫力というよりユーモアの人で、普通のセリフのはずなのに、上地さんが言うとすごく面白く聞こえてくるんです。表現がセリフを上回る感覚がありました。小木さんと上地さんは、これまでの現場で見たことがないタイプでした。周りを巻き込んで、どんどん創作していいんだという空気を作っていただいて助かりました。本多さんも、脚本の上田さんを一番理解していらっしゃるからか、一つ一つのセリフの熱がすごくて驚きました。みんなで影響しあって生まれた作品だと思います。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ