『恋はつづくよどこまでも』“癒し”の毎熊克哉が動き出す? 魔王・佐藤健にも変化が

『恋はつづくよどこまでも』“癒し”の毎熊克哉が動き出す? 魔王・佐藤健にも変化が

「俺も、ゲームに参加してみようかなと思って」

 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)第3話。運命の一目惚れから、出勤初日の告白&玉砕と波乱続きの七瀬(上白石萌音)。しかも、相手は「魔王」と呼ばれるドSドクター・天堂(佐藤健)だったことから、すっかり職場の仲間たちからも「勇者」として応援されることに。その中には、天堂と同期の優男ドクター・来生(毎熊克哉)も。人が欲しがっているものこそ欲しくなる“シュークリーム作戦“を企て、わざと天堂の前で七瀬に気がある素振りを見せていた来生だったが、知らず知らずのうちに一生懸命で前向きな七瀬が気になり始める。そんな来生の視線を優等生新人ナース・酒井(吉川愛)も追っていて……と、相関図の矢印が複雑に絡み合うラブコメらしい展開に!

 また、病にかかった恋人を救えなかった悲しみから、医師という仕事にストイックになっていった天堂の過去も語られる。救えなかったからこそ、医者を辞めたいと思ったことは「ない」と即答し、「必ず治す、助ける。そう誓ってきた」と自らを奮い立たせるようにして生きてきた天堂。その天堂が愛したかつての恋人・みのり(蓮佛美沙子)も、七瀬のようにまっすぐに突っ走るタイプの女性だった。来生は、そんな七瀬のひたむきさに、みのりの面影を見たに違いない。その恋を応援することで、友の笑顔が戻ればと思っていたはずだった。

 第3話では、七瀬の計算なしの健気な言動が来生と天堂、2人の心を揺さぶった回でもあった。天堂の過去を語ってくれた来生には「幸せですね。天堂先生は。来生先生みたいな友達がいて」と言った七瀬。この言葉で、来生の中にあった七瀬のイメージが大きく変わったのだろう。自分の想いを原動力に、周囲への影響を考えずに、強引に突き進むブルドーザーのようなタイプと思いきや、天堂の過去も含めて相手を理解しようという逃げない強さ、そしてその過去とずっと寄り添ってきた来生の優しさにも気づくことができる繊細さ。その両方を持ち合わせていることに気づく。

 きっと七瀬にとっては、日頃の来生の優しさに救われてきたことへの感謝の気持ちも含まれていたのだろう。シュークリーム作戦のみならず、いつも気にかけて話を聞いてくれること、そして針刺しの練習台にも率先してなってくれようとしてくれたこと……。来生が何気なくしてきたことに対して、当たり前と思わずに「そういう人がいてくれることは幸せなこと」だと伝える。普段厳しい人が急に寄り添うと、周りはそれを「優しくなった」と大騒ぎするが、もともと優しい人が優しくし続けることに、あえて注目する人は少ない。いつも見過ごされてしまう自分の良さを、流すことなく見つめてくれた七瀬に、来生の心が揺れないわけがないのだ。しかも、人は間接的に褒められると、よりその気持ちを受け入れやすい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる