『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』本編映像公開 個性豊かなバーの常連客を紹介

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』本編映像公開 個性豊かなバーの常連客を紹介

 2月14日公開の映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』より、本編映像が公開された。

 『ソウル・キッチン』『女は二度決断する』のファティ・アキン監督最新作となる本作は、ドイツ・ハンブルクで1970年代に実際に起きた連続殺人事件の犯人フリッツ・ホンカについての物語を、同名のベストセラー小説をもとに描き出したスリラー。夜な夜な行きつけのバー「ゴールデン・グローブ」へやってきては、孤独な女性たちに近づいていた、一見無害で負け犬に見えるフリッツ・ホンカの姿を描く。

映画『殺人鬼フリッツ・ホンカ』曲者で強烈なキャラクターが勢揃い! 本編映像

 今回公開された本編映像では、バー「ゴールデン・グローブ」の常連客について店主が話すシーンが映し出されており、アキン監督の前々作『50年後のボクたちは』で主人公・マイク役を務めたトリスタン・ゲーベルが初めての客として座っている様子も確認できる。

 店主は「常連の呼び名には等級があり、一等なら“ダブルネーム”(あだ名)で呼ばれている」と語り、常連客を紹介する。1人目は“兵隊ノルベルト”と呼ばれる、元武装親衛隊の大男。ヒトラーが私的に組織したヒトラーのための自警団・武装親衛隊入隊時の爆弾の爆発のため、耳も片目も悪く、下品な話ばかりをしているというキャラクターだ。

 2人目の“ジン・マックス”のあだ名の由来は、ジンばかり飲んでいる男で、酔うとマックスと名乗ることから。本名はペーターである。『50年後のボクたちは』『女は二度決断する』でアキン監督とともに共同脚本を務めたハーク・ボームが演じている。

 そのほか、タンポンに酒を染み込ませ頬張る“タンポン・ギュンター”、意味も知らずに“アヌス”と呼ばれる店員アル、ラムコークばかり飲んでいる“ラムコーク・ヴェルトラウト”、ドイツの代表的シュナップスであるコルンばかりを飲んでいる“コルン・ウシー”、見た目そのままの“デカ鼻エルニ”、出自がはっきりしない“ブルガリア・ハリー”など個性豊かな客が「ゴールデン・グローブ」に足繁く通っている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
2月14日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
監督・脚本:ファティ・アキン
出演:ヨナス・ダスラー、マルガレーテ・ティーゼル、ハーク・ボーム
配給:ビターズ・エンド
2019年/110分/ドイツ/原題:Der Goldene Handschuh/英題:The Golden Glove
(c)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathe Films S.A.S./Warner Bros.Entertainment GmbH

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ