芳根京子「“本当の自分”がわからなくなってくる」 山田涼介も大絶賛の表現力に迫る

芳根京子「“本当の自分”がわからなくなってくる」 山田涼介も大絶賛の表現力に迫る

 山田涼介主演映画『記憶屋 あなたを忘れない』が1月17日より公開中だ。シリーズ累計発行部数50万部を超える原作小説を、『ツナグ』『春待つ僕ら』の平川雄一朗監督が映画化した本作。都市伝説的な存在である「記憶屋」の存在を知った大学生の遼一が、年上の恋人・杏子が自分の記憶だけを失った原因を探すため奮闘する模様を描いた人間ドラマだ。

 今回リアルサウンド映画部では、山田演じる主人公・遼一の幼なじみであり、幼少期に記憶を失った過去がある真希を演じた芳根京子にインタビュー。主演の山田の印象や独自の演技論について話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「山田(涼介)さんにはすごく支えていただきました」

ーー今回の映画『記憶屋 あなたを忘れない』は、織守きょうやさんの原作とはかなりテイストが変わっていましたが、河合真希を演じるに当たってどのようなことを意識しましたか?

芳根京子(以下、芳根):真希を演じさせていただくことが決まってから原作小説を読んだのですが、どうやって真希をかたちにしていくか、すごく考えました。小説の中に生きている人物を、実際に生身の人間が演じたら、受け取る側も印象が変わってくると思うので、いろんな方に愛してもらえる女の子にしたいなという思いがまずありました。それは監督とも早い段階で話していました。とにかく真希はまっすぐで、一途にいようと。

ーー劇中では広島弁にも挑戦されていました。

芳根:私は東京出身なので、方言がないぶん逆に染まりやすいというか。昔から音楽をやっているので、なんとなく音で覚える感覚があるんです。だからすごく楽しかったですね。

ーー難しくはなかったですか?

芳根:やっぱり難しさはありました。語尾に「じゃけん」をつけるみたいな特徴はありますが、明確な法則がないので……。なので、方言の先生からいただいた音源を聞いて、常に先生に確認しながら練習していました。撮影現場で臨機応変に変えていく部分もありましたね。

ーー主演の山田涼介さんと平川監督は現場でディスカッションすることも多かったそうですね。

芳根:2人で話し合っている姿をよく見かけました。山田さんはすごく対応力がある方で、監督に言われたことにすぐ反応できるのは、やっぱりスターだなと思いました。

ーー初共演の山田さんの印象はどうでしたか?

芳根:最初から抱いていたイメージと大きくは変わらなかったです。でも、もっと雑に扱っていただいてもいいのに……というぐらい優しくてビックリしました(笑)。本当に真ん中に立つべき方なんだなと実感しましたね。座長として真ん中に立っている山田さんの背中を追いかけたくなるというか。監督に限らず、いろんな方とコミュニケーションを取っている姿を見て、すごく頼り甲斐があるなと思いました。

ーーお2人の共演シーンもたくさんありました。

芳根:そうなんですよ。真希は山田さん演じる遼一とのシーンが多いのですが、私と監督がうまく噛み合わずに「もう一回、もう一回」ってなっても、山田さんは嫌な顔せずに何度でも付き合ってくださって。しかも一緒に悩んでくださったんです。私は山田さんのことを支えられたかわからないですけど、この撮影期間、山田さんにはすごく支えていただきました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ