伊藤英明の説法に現役僧侶も太鼓判 『病室で念仏を唱えないでください』は「生きる」を新たな視点で捉える

伊藤英明の説法に現役僧侶も太鼓判 『病室で念仏を唱えないでください』は「生きる」を新たな視点で捉える

 2020年1月期は医療ドラマが6作品放送され、毎日のように医療モノが観られる特殊なクールに。なかでも異色中の異色といえるのが、伊藤英明主演の金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)だろう。

善立寺で開かれた試写会&制作発表に僧侶が集結!?


 原作は、2012年から「ビッグコミック増刊号」で連載中の救命救急医療漫画。医者で僧侶の主人公が、救命センターの仲間とともに、患者の命と心を救うため、悩み、葛藤、成長する日々が描かれる。

 異例尽くしのドラマは、試写会&制作発表会見もまた特別で、足立区・善立寺に僧侶を招いて開催。会見は光が差し込む広々とした本堂で行われ、伊藤、ムロツヨシ、中谷美紀の同学年トークなどで大いに盛り上がった。

 一方広間で行われた試写会で、筆者は僧侶の方々の頭越しにドラマを鑑賞するという不思議な経験をすることに。上映がスタートすると、劇中の説法に頷く僧侶の姿もあり、なるほどこれは“現役僧侶に見せられる自信作”という制作陣からのメッセージか、と納得しながら物語に引き込まれていった。

主人公が救うのは“命と心”――他の医療ドラマと一線を画す斬新さ


 物語の主人公は、伊藤演じる松本照円(照之)。彼のように医師兼僧侶、すなわち“僧医”と呼ばれる存在は意外と多くいるのだそう。とはいえ、僧衣を纏った坊主が病院内を走り回る姿は、現実世界はおろかドラマですら観たことのない光景。病院に僧侶がいるのは何となく縁起が悪い気がするし、患者に“あの世が近いのか”と勘違いされるシーンには、思わず笑いが込み上げた。

 一見かけ離れた存在に思える医師と僧侶だが、その両方である照円は“生きること”に強いこだわりを持っている。彼の思いは、医療で患者の命を救う(=患者が生きる)ことだけでなく、消えゆく命を目にする家族が、“この瞬間をどう生きるか”そして、“この先、どう生きていくか”を説くことにも通じているのだ。

 “人を救うドラマ”といえば、これまで人命救助がテーマとされてきたが、本作によって人を救うのは医療だけではないと気づかされる。照円が空回りしながらも、医師として命を、僧侶として心を救おうとする様をシビアかつユーモラスに映す第一話には、泣き、笑いがたっぷりと。なおかつ身が引き締まるような感覚は、今後もこのドラマの醍醐味となっていきそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ