『ハル ~総合商社の女~』の“デキる女”は当たり役!? 主演作相次ぐ中谷美紀が支持され続ける理由

『ハル ~総合商社の女~』の“デキる女”は当たり役!? 主演作相次ぐ中谷美紀が支持され続ける理由

 孔子の「四十にして惑わず」という言葉には、もともと「四十にして或(くぎ)らず」だったのが変化したという説がある。「40代を迎えても自分を限定せず可能性を広げなさい」という意味で使われていたそうだ。ことエンターテインメントの世界には40歳を超えて、一層活動の幅を広げるタイプも少なくない。たとえば中谷美紀もそのひとりだろう。先ごろ放送されたテレビ東京のSPドラマ『あの家に暮らす四人の女』は三浦しをん原作の同名小説の実写化だったが、本作で中谷は刺繍作家でもある主人公を好演。コミカルな芝居も交えて演じきった。また、テレ東ドラマBizで放映が始まった『ハル ~総合商社の女~』でも主演に抜擢。大手総合商社を舞台に、持ち前のパワフルさでさまざまな問題を解決していくシングルマザーという役どころを体当たりで演じている。

 過去10年を遡っても、ほぼ毎年、ドラマや映画でコンスタントに主演やヒロイン役を務め、今や日本のエンタメ界になくてはならない存在となった中谷美紀。心なしかその美しさも年を重ねるごとに研ぎ澄まされていっているようにも思える。ここでは改めて彼女の魅力を紐解いていきたい。

 1990年代から女優業を開始し、異色の刑事ドラマ『ケイゾク』(TBS系)に主演したことを機にトップ女優の仲間入りを果たした中谷。映画なら『壬生義士伝』や『電車男』、ドラマでは『JIN -仁-』シリーズ(TBS系)や『軍師官兵衛』(NHK)など、数々のヒット作に名を連ねてきた。女優としての転機となったのは『嫌われ松子の一生』だろう。ある女性の壮絶な生き様を、ファンタジックで極彩色の映像美の中で描き出した本作は大きな話題となり、中谷自身も「日本アカデミー賞」や「アジア・フィルム・アワード」などで主演女優賞を総なめした。その裏に中島哲也監督の相当なしごきがあったのは有名な話。一時は引退も考えたというが、その後単身渡ったインドで人々の自由な生きかたに触れ、再び女優の道を歩いていく決心をしたという。近年では『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)や『あなたには帰る家がある』(TBS系)など、シリアス路線からやや離れて、実年齢を意識したコミカルな芝居を取り入れることも多く、視聴者に親近感の湧く役づくりを心がけている印象。そういう意味では『ハル ~総合商社の女~』で演じる、サバサバした“デキる女”は当たり役と言えよう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ