『トップナイフ』天海祐希と対峙する3人のクセモノたち 『女王の教室』から進化を遂げた“女帝”

『トップナイフ』天海祐希と対峙する3人のクセモノたち 『女王の教室』から進化を遂げた“女帝”

 第1話の、あるいは本作全体の重要な主題として浮かび上がってきたのが「変化」というテーマだろう。東都総合病院の脳神経外科に「変化」を招くために今出川部長(三浦友和)は3人の医者を迎え入れ、「あの3人は君にも必要なんだよ」と深山に対して意味深な言葉を漏らす。サブストーリーとして展開した脳腫瘍患者の男性と家族の物語のなかにも、脳の一部に「変化」が生じることで性格が一変してしまう可能性について語られていた。

 脳神経外科や深山にしても、あるいは人間の脳にしても、「なぜ変化が必要で、どう進化するのか」。そのあたりの謎の解明とともに、今後のストーリーでは患者だけでなく個性的な脳神経外科医たちの人間ドラマが繰り広げられていくのだろう。彼ら主要キャラの脇を固める俳優陣のなかでは『全裸監督』(Netflix)で黒木香役を鮮烈に演じた森田望智がここでも特別な存在感を放っていて、その「若きスーパーナース」という役どころがどのように物語に絡んでくるのか、大いに期待したいところだ。ちなみに、『女王の教室』と同じく本作のエンディングでも天海祐希の華麗なダンスが披露されており、作品にさらなる彩りと豊かさを与えているので最後まで必見だ。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■原航平
編集/ライター。1995年生まれ。映画、ドラマ、演劇などのカルチャーをむさぼり食らう日々。
Twitterブログ

■放送情報
『トップナイフ ー天才脳外科医の条件ー』
日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜放送
出演:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、宮本茉由、三浦友和
原作:林宏司『トップナイフ』(河出文庫)
脚本:林宏司
音楽:横山克、鈴木真人
演出:大塚恭司
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:鈴木亜希乃、茂山佳則
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる