『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』US版最新予告公開 マーゴット・ロビーが大暴れ

 3月20日に全国ロードショーされる『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のUS版最新予告が公開された。

 全世界で大ヒットを記録した『ジョーカー』に次ぐDC映画最新作となる本作は、“悪VS悪”のバトルを描いたヴィラン映画。全米3週連続No.1を記録した『スーサイド・スクワッド』(2016年)に登場したジョーカーの彼女、ハーレイ・クインが本作ではジョーカーと別れ、束縛から解き放たれてクレイジーに覚醒する。

 ハーレイ・クインを演じるのは、『スーサイド・スクワッド』に続きマーゴット・ロビー。『ドクター・スリープ』のユアン・マクレガー演じるサイコな敵ブラックマスクを相手に暴れまくる。中国系アメリカ人の女性監督、キャシー・ヤンが監督を務めた。

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』US版本予告

 公開された映像は、ジョーカーと破局して束縛から解放され覚醒したハーレイ・クインのユーモラスなナレーションとともに始まる。ハーレイのモラルのない天真爛漫な暴れぶりが街中の悪党たちの恨みを買うなか、裏社会を牛耳る残忍でサイコなブラックマスク、その狂信的な右腕ザーズに狙われる。極悪なブラックマスクとの悪VS悪のカオスな戦いを前にハーレイは、クセ者だらけの最凶チームを結成。ブラックマスクに囚われた超高音波の歌声をもつ歌姫のブラックキャナリー(ジャーニー・スモレット=ベル)、出世から見放されたゴッサム市警のはぐれ者刑事のレニー・モントーヤ(ロージー・ペレス)、マフィア一家に生まれた危険な殺し屋ハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、そして物語のカギを握る“謎のダイヤ”を盗んだ少女カサンドラ・ケイン(エラ・ジェイ・バスコ)と手を組む。謎のダイヤを盗んだ少女をめぐり、ハーレイとブラックマスクの容赦無用の戦いが幕を開ける。

■公開情報
『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』
3月20日(金)全国ロードショー
出演:マーゴット・ロビー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ロージー・ペレス、ジャーニー・スモレット=ベル、ユアン・マクレガー
監督:キャシー・ヤン
プロデューサー:マーゴット・ロビー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BIRDS OF PREY and all related characters and indicia c&TM DC Comics. 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ