『恋はつづくよどこまでも』は新人ナースの“恋”にフィーチャー  佐藤健のツンデレぶりは必見

『恋はつづくよどこまでも』は新人ナースの“恋”にフィーチャー  佐藤健のツンデレぶりは必見

 上白石萌音が主演を務める火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』 (TBS系)が明日1月14日からスタートする。本作は、学生時代に“運命の出会い”を果たした佐倉七瀬(上白石萌音)が、恋に落ちた相手である医師の天堂浬(佐藤健)を追いかけ看護師になる物語。念願かなって同じ病院に配属になった七瀬だが、実は天堂は、七瀬の思い描いていた人物とはかけ離れたドSな男だった。“魔王”のような天堂を攻略すべく“勇者”となった七瀬は、恋に仕事に全力で立ち向かっていく。

 天堂と同じ循環器内科で天堂と同期の医師・来生を演じるのは毎熊克哉、七瀬の同期の看護師役に渡邊圭祐、堀田真由、吉川愛が出演する。さらに七瀬たちの先輩看護師役をお笑いコンビ、ミキの昴生が演じ、連続ドラマ初出演を飾る。新進気鋭の若手から、実力派俳優、さらにはバラエティ界からの刺客など、様々な個性のキャストで織り成すハーモニーに注目の本作。原作は円城寺マキの同名コミックス。主題歌「I LOVE…」は今話題のOfficial髭男dismが本作のために書き下ろし、作品に華を添える。

 第1話では、七瀬と天堂の出会いから、5年後の再会、そして天堂の本性に気がつくところまでが描かれる。新人ナースを描く作品は過去にも『ナースのお仕事』(フジテレビ系)や『白衣の戦士!』(日本テレビ系)など、病院内のお仕事ドラマとして多数作られてきた。しかし本作は看護師を題材にした作品ながら、恋愛ドラマとしての要素が大きい。“ドS”、“魔王”と称される天堂は、5年ぶりに七瀬に再会するとすぐに、七瀬を「作業の流れを塞きとめる岩石」と呼び、暴言を吐く。しかしそんな言葉と同時に、七瀬の頭を小突くなど、ボディタッチが多いのも事実だ。容姿端麗な佐藤の表情と、強気な態度とは裏腹なスキンシップに思わず、ほおが緩む。天堂がとっさに見せる、“ツンデレ”な仕草は必見だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる