飯豊まりえ×稲葉友が明かす、映画『シライサン』が持つ新しい怖さ 「ホラー映画の良さをあえて削ぎ落とした」

飯豊まりえ×稲葉友が明かす、映画『シライサン』が持つ新しい怖さ 「ホラー映画の良さをあえて削ぎ落とした」

 2020年1月10日より、映画『シライサン』が公開される。本作は、小説家・乙一として知られる安達寛高の完全オリジナル作にして長編映画初監督作品。“その名“ を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺されてしまうという新たな怨霊「シライサン」の恐怖を描く。

 ジャパニーズ・ホラーといえば、『リング』の貞子や『呪怨』の伽倻子など世界に轟くキャラクターが生まれるジャンル。今回のシライサンは名前を知った者は呪われてしまうという新たなホラーアイコンだ。

 本作で『MARS〜ただ、君を愛してる〜』(日本テレビ系でドラマ放送、その後映画化)以来4年ぶりの共演となる飯豊まりえと稲葉友。インタビューが始まると、二人の掛け合いは途切れることなく、仲の良さが伝わってきた。そんな二人に撮影の思い出や初対面の印象、シライサンというホラーキャラクターについて幅広く聞いた。

飯豊まりえ「(稲葉友は)水みたいな人」

ーー以前ドラマで共演されているお二人ですが、初対面のお互いの印象は?

稲葉友(以下、稲葉):初対面がけっこう前なんですよね。同じ学校のクラスメイト役で、メイン5人でワイワイやってたんだけど、芝居ではあまり絡まなかったよね。

飯豊まりえ(以下、飯豊):うん。友くんの印象は、お兄ちゃんって感じだった。サバサバしているから距離感がすごく気持ちよくて。当時私はお芝居を始めたばかりで、あまり慣れていなかったから、撮影終わったあと現場で余韻に浸ってたんです。そしたら、友くんが「終わったらすぐ帰るよ」って教えてくれて(笑)。それ以来撮影が終わったらすぐ帰るように心がけてます(笑)。

稲葉:俺は窪田正孝さんを見てそれを学んだよ(笑)。「お疲れ様でした!」ってあの人ほど気持ちよく早く帰っていく人見たことない。

ーーそうなんですね(笑)。飯豊さんとしては稲葉さんはお芝居の先輩というイメージなんですか?

飯豊:はい。頭の回転がめっちゃめちゃ早いんです。

稲葉:(笑)。

飯豊:言葉の選び方もすごく丁寧で気持ちが良くて。なんか水みたいな人です。

ーー「水」ですか。

稲葉:それ覚えてる。その時、飯豊が大変な役だったんです。ヒロインに抜擢されて、大変なシーンがたくさんあったんですけど、俺と一緒の日は、大変なシーンがないんですよ。だから「友くんはオアシス」って。俺じゃなくて構成の都合上なんですけど。その積み重ねで「友くんって水みたい」って言ってました。

飯豊:でも本当で。今回もそんな感じでした。

稲葉:久々にお会いしたら、すごくかっこいい人になられていて。

飯豊:(笑)。

ーー稲葉さんはいかがでした?

稲葉;儚くて壊れそうな人だなって(笑)。18歳でこんなに気配りができるというか、いろんな人にホスピタリティが行き届いていて、一番大変な役なはずなのに、どうしてこんなに現場を明るくできるんだろうと。良い意味で親の顔が見てみたいと思いましたね。

飯豊:でも今回の現場では「水筒みたいだよね」って言ってました。

稲葉:覚えてない(笑)。

飯豊:さっき壊れそうと第一印象言ってくれたんですけど、待ち時間に「物で例えるとなんだろう」って話していて、「水筒みたいだね。意外に繊細に見えて落としても壊れないし、頑丈だよね」って言ってた。

稲葉:全然忘れてる。強くなったんだね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ