吉沢亮、平野紫耀、横浜流星……“少女漫画実写化キング”に王手をかける若手俳優たちの戦い

吉沢亮、平野紫耀、横浜流星……“少女漫画実写化キング”に王手をかける若手俳優たちの戦い

 2018年も、少女漫画を実写化した青春映画が多数公開された。これまで“胸キュン漫画原作といえば山崎賢人”が鉄板のキャスティングとされてきたが、高校生を主人公とした胸キュン映画というところでいうと、今年、山崎の出演はなし。現在は、少女漫画実写化キングに王手をかける若手俳優たちが、横一列に並んでいる状態だ。

(c)吉住渉/集英社 (c)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 とりわけ目を引くのは、吉沢亮。今年は『ママレード・ボーイ』『あのコの、トリコ。』で主演を務め、自他ともに認める美しいビジュアルは、漫画キャラクターに引けを取らない素晴らしさ。とはいえ、吉沢は山崎と同じ1994年生まれ。まだまだ制服姿も見ていたいが、今後多くの制服に袖を通すとは思えないのが実情だ。それは、磯村勇斗もしかり。磯村は『ういらぶ。』『春待つ僕ら』といった青春ものに出演するなど、2018年の実写作品を牽引したひとり。ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でも制服姿を披露したとはいえ、26歳という年齢からも、今後は社会人役へとシフトしていくことが予想される。

(c)2018 『ういらぶ。』製作委員会 (c)星森ゆきも/小学館

 そんな中、高校を舞台とした胸キュンものに欠かせない存在であり、今後も多くの制服姿を見せてくれることが期待できるのが、平野紫耀(King & Prince/21歳)、中川大志(20歳)、佐野勇斗(M!LK/20歳)。また横浜流星(22歳)、杉野遥亮(23歳)、佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE/23歳)らも、それを追随する。今では少女漫画の実写映画化が発表されれば、このメンバーの誰かの名前が並んでいるというほど常連キャストだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ