『半沢直樹』SPは今田美桜のターニングポイントに? 得意の「強さ」でお仕事モノに挑戦

『半沢直樹』SPは今田美桜のターニングポイントに? 得意の「強さ」でお仕事モノに挑戦

 2020年1月3日に放送されるスペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~』(TBS系)のヒロイン・浜村瞳役を演じる今田美桜。2019年も大活躍だった今田は、『ドクターX~外科医・大門未知子~』や、1月には『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』(いずれもテレビ朝日系)に出演、そして今回の『半沢直樹』など、今まで演じてきた役から仕事ものが一気に増加、新たな役への挑戦が伺える。男性陣が多い『半沢直樹』SPで今田がどんな役割を演じるのか。

 2013年に放送された『半沢直樹』は、最終回42.2%という平成で一番の視聴率を弾き出し、「倍返し」がその年の流行語大賞になるほどの社会現象を巻き起こした伝説のドラマだ。その続編となる、2020年4月より放送の『半沢直樹(仮)』に先駆けて放送されるのが、SPドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~』。物語は、半沢が出向となった東京中央銀行の関連会社「東京セントラル証券」と大きく関わるIT企業「スパイラル」を中心に展開される。今田が演じるのは「東京セントラル証券」の新入社員で、旧型システムのリニューアルが決定し、プロジェクトの雑用係に任命された浜村瞳。そしてプロジェクトリーダーに任命されたのが中途採用の新人プログラマー・高坂圭(吉沢亮)。社運を賭けた一大プロジェクトが進行する裏である陰謀がうごめき、半沢直樹のパスワードが狙われる中、システムを完成させ、2人は半沢のパスワードを守ることができるのか、愛と仲間との絆を描いた”若き2人の成長物語”となっている。

 スピンオフ的なドラマとは言え、やはり何年も『半沢直樹』の続編を待ち望んでいたファンが多いだけに、吉沢と今田という若手俳優2人を主演に持ってきたのはかなりの冒険だ。このドラマは物語の面白さはもちろんのこと、歌舞伎や時代劇のような劇画タッチのキャラクターたちが、半沢(堺雅人)と大和田常務(香川照之)の土下座バトルのように熱すぎる演技を見せるのが人気ドラマとなった一つの要因。そうした男たちの熱い戦いの中で、完全なるヒロインとしての女性キャラは新しい試みなだけに今田にかかるプレッシャーは相当なもの。ただ、今田は数々のグラビアや、タマホームを始めとする数々のCMなど、一見アイドル的な女優に見られがちだが、実は強い女性を演じるのが巧い女優だったりする。

 これまでの今田の演じてきた役柄のイメージは大きく分けて2つあり、一つは学生役を演じる時に多い、女王様気質で気が強いキャラクター。例えば『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』(日本テレビ系)で演じた読者モデルでクラスの女子のリーダー的存在の諏訪唯月。周りから冷たい目で見られていても、自分の生き方は間違っていないと虚勢を張る中で、その本心が理解された時、必死に気高くしようとしているのに涙が込み上げくる、最後まで自身を貫き通す迫真の演技が感動を呼んだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる