>  > 今田美桜が語る、自身初のスタイルブック

今田美桜が語る、自身初のスタイルブック 「これだけ『好き』と言えることって楽しい」 

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今田美桜初のスタイルブック『今田美桜スタイルブック イマ』が絶賛発売中だ。本書は、今田自身が「ずっと行きたかった」と語る初めてのLAで見せた素顔をはじめ、本人私物・本人スタイリングのコーディネート企画や、親友・永野芽郁との対談、これまでの軌跡を振り返るロングインタビューも収録した充実の内容となっている。今田に、お気に入りのファッションや永野との交流、撮影の裏側についてまで話を聞いた。

「今の自分を表現するいいきっかけをいただきました」

ーー先日のスタイルブックお渡し会はいかがでしたか?

今田美桜(以下、今田):スペインに留学中の方や台湾から来てくださった方もいらっしゃって、すごく嬉しかったです。本当に短い間でしたけれど、「福岡に今度行くのでおすすめありますか?」とか「博多弁言ってください!」とかいろんなお話ができました(笑)。直接ファンの方とお話しできる機会もそんなに多くはないので、私自身が勇気をもらいました。

『今田美桜スタイルブック イマ』より(発行:株式会社KADOKAWA)

ーー今田さんのパーソナリティーを深く知ることができる一冊に仕上がっています。

今田:ロングインタビューや私物紹介の企画など、自分の好きなものを文字に起こした一冊になっていると思うんです。「自分はこれが好き!」ってひとつひとつ紹介する機会もないし、雑誌やwebのインタビューはありましたが、幼稚園から今までをここまで深くお話ししたこともないので、今の自分を表現するいいきっかけをいただきました。

ーーセットアップのスーツなど、メンズライクなファッションが新鮮です。

今田:私は、女の子らしいふわっとしたものが好きというイメージがあるみたいなんですが、実はそうでもなくて。男の子っぽい服は私物でも持っているので、今の自分らしいファッションを見せられたと思います。

ーースタイルブックの中で、お気に入りの衣装はありますか?

今田:どれもシチュエーションに合っていて、一つに絞るのは難しいんですが、ビールを飲んでいる時の服(p.38〜39)は、自分が持っていないタイプの服で新鮮でした。私はビールが好きなんですが、そういうビール好きの雰囲気と服のカラーがなんだかマッチしているなと思って(笑)。すごく好きですね。

 あと、「LONDON(ロンドン)」と書かれたTシャツを着ている写真(p.34)があるんですが、フィッティングの時に、LAなのに「ロンドンTシャツ」を持っていくっていう冗談でスタッフさんとずっと笑っていました(笑)。そういえば、お渡し会の時にこの写真と全く同じ格好をしてきてくれた子がいたんです! わざわざ買ってきてくれたみたいで。すごく嬉しくて、「あーロンドンだ!」って思わず言っちゃいました(笑)。

ーー「ずっと行きたかった」というLAですが、訪れてみてギャップはありましたか?

今田:ギャップはなかったです。映画や写真で観ていて、「きっとハッピーな空間なんだろうな」とは思っていたんですが、その想像を飛び越えるほど楽しかったです。

      

「今田美桜が語る、自身初のスタイルブック 「これだけ『好き』と言えることって楽しい」 」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版