年末企画:キャサリンの「2019年 年間ベスト海外ドラマTOP10」 “適切な話数”での舵取りがより重要に

年末企画:キャサリンの「2019年 年間ベスト海外ドラマTOP10」 “適切な話数”での舵取りがより重要に

 リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2019年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメの4つのカテゴリーに加え、今年輝いた俳優・女優たちも紹介。海外ドラマの場合は2019年に日本で放送・配信された作品(シーズン2なども含む)の中から、第7回の選者は、海外テレビシリーズウォッチャーのキャサリン。(編集部)

1.『フリーバッグ シーズン2』(Amazon Prime Video)
2.『チェルノブイリ』(スターチャンネルEX)
3.『ザ・ボーイズ シーズン1』(Amazon Prime Video)
4.『アンビリーバブル たった1つの真実』(Netflix)
5.『ボクらを見る目』(Netflix)
6.『キリング・イヴ シーズン1&2』(WOWOW)
7.『マーベラス・ミセス・メイゼル シーズン3』(Amazon Prime Video)
8.『POSE シーズン1』(FOXチャンネル)
9.『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3』(Netflix)
10.『メリー・アン・シングルトンの物語』(Netflix)

 編集部の規定により2019年に日本で放送、配信された作品(アニメーションは除外)、個人のルールとして該当シーズンは全話視聴済みの作品から10選とした。海外ドラマとしては勝負のシーズン2を乗り越え、安定のクオリティを維持している『マーベラス・ミセス・メイゼル シーズン3』や『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3』は、今回も当然のようにベスト10に入れてはいるが、その他の作品との差が大きく開いているかというとそうでもない。僅差でランクイン、というのが率直なところ。ベスト20としたいくらい選出に悩んだ年だった。

Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1〜3 Netflixにて独占配信中

 『ゲーム・オブ・スローンズ』の長年の功績は称えつつも、一つのシーズンとして観たときの評価は難しくランク外に。しかしながら、このタイミングで作品を終了させたことについては英断だったように感じる。テレビドラマ製作者にとっては、長年シーズンを重ねることだけが最適ではなく、時代に合わせて(もしくは時代を牽引する側として)、適切な話数でストーリーを世に送り出す舵取りがより重要になっているように思うからだ。

 その中で1位に選んだのが今年手放しで絶賛した唯一の作品『フリーバッグ シーズン2』。クリエーター兼主演のフィービー・ウォーラー=ブリッジは、『キリング・イヴ』含め今年の顔と言ってもいいくらい旬な人物だ。エミー賞にも選ばれ、各方面で絶賛されてもなお、『フリーバッグ』の続編は作らないと明言しており、クリエーターが、クリエーターの思うとおりに作品を終えた好例だ。そして何といっても、シーズン2で登場したアンドリュー・スコット演じるセクシーな神父!

 例年以上にリミテッドシリーズも豊作。中でも実話に基づく作品の力強さが印象的だ。『チェルノブイリ』は、ヒドゥル・グドナドッティルの音楽が素晴らしい。ヘッドホンを付けての視聴がおすすめ。『アンビリーバブル たった1つの真実』は、『トゥルー・ディテクティブ シーズン1』ぶりに痺れる刑事ドラマだった。『ボクらを見る目』は若い俳優たちに活躍の場を与えたエイヴァ・デュヴァーネイ監督の手腕を実感。

『チェルノブイリ』(c)2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる