『マンダロリアン』ディズニーデラックスで12月26日より独占配信 日本版キーアートや予告編も

『マンダロリアン』ディズニーデラックスで12月26日より独占配信 日本版キーアートや予告編も

 スター・ウォーズ初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』が、12月26日よりディズニー公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」にて国内独占配信されることが決定。あわせて、日本版キーアートと場面写真が公開された。

 全8話で構成される本作では、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』での出来事から5年後、帝国が崩壊し、ファースト・オーダーが台頭する前の時代に現れた“一匹狼の戦士:マンダロリアン”の戦いが描かれる。バウンティハンター(賞金稼ぎ)・ギルドのリーダーであるグリーフ・カルガが、マンダロリアンに“ある仕事”を紹介。賞金稼ぎ、そしてならず者と悪党たちによる、大胆なアクションと、シリーズならではの壮大なスケールの物語が繰り広げられる。

 作中では、これまでの『スター・ウォーズ』シリーズで見慣れたエイリアンやドロイド、ストームトルーパー、コワキアン・モンキー=リザードの串焼きや、IGシリーズのドロイドなども登場する。

 シリーズ脚本、製作総指揮は、『ライオン・キング』『ジャングル・ブック』『アイアンマン』のジョン・ファヴローが担当。同じく製作総指揮と第1話の監督を、『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』『スター・ウォーズ 反乱者たち』『スター・ウォーズ レジスタンス』の製作総指揮や監督を務めたデイブ・フィローニが担当する。さらに、エグゼクティブ・プロデューサーとして、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディらも参加する。

 主人公マンダロリアンを演じるのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』『ナルコス』のペドロ・パスカル。銀河内戦を生き延びたベテランの兵役経験者だが、社会復帰できない“はみ出し者”として生きるキャラ・デューン役でジーナ・カラーノ、グリーフ・カルガ役でカール・ウェザースが出演。また、ニック・ノルティが、奴隷の生活から遠く離れて平和で静穏な暮らしを望んでいる現地民で、荷役用の動物“ブラーグ”にまたがっているエイリアン・アグノート、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』を監督したタイカ・ワイティティが、バウンティハンター・ギルドに仕えるようにプログラムされているプロの暗殺ドロイド・IG-11の声を担当する。

スター・ウォーズ初の実写ドラマ「マンダロリアン」ディズニーデラックスで国内独占配信!

 公開された日本版キーアートでは、マンダロリアンの姿が印象的に描かれ、場面写真では登場するキャラクターたちの姿が確認できる。さらに、トレーラーもあわせて公開された。

 なお、配信開始当日の12月26日には、ニコニコ生放送での配信イベントの実施を予定。詳細は公式サイトにて確認できる。

 ファヴロー、日本語吹替版でマンダロリアン役を務める阪口周平からはコメントが寄せられている。

ジョン・ファヴロー コメント

『マンダロリアン』のアイディアを思いついたのは2012年の事です。ルーカスフィルムがディズニー傘下になり、ディズニーが新たな『スター・ウォーズ』の物語を作ろうとしているという話を聞いた時、私は『スター・ウォーズ』全作品を見直して、私が作りたい物語のメモを書いていました。そして、ディズニーが新たに動画配信サービスを始める事を発表した時、まさにそこが、私の語りたい物語にピッタリの場所であると思いました。
この作品は、新しい世界で活躍する一匹狼のガンマンであり賞金稼ぎの男の物語がベースとなっています。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の最後で帝国が崩壊し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でファースト・オーダーが台頭する前の30年間についてはこれまで語られていなかったので、私にとっては非常にやりがいのあるものでした。また、ジョージ・ルーカスが作ったオリジナルの『スター・ウォーズ』が西部劇でありサムライ映画でもあったように、本作もそれらに強く影響を受けています。『スター・ウォーズ』の様々なイースターエッグ(隠れたメッセージ)も本作には含まれていますが、ファンのみんなにはまずは純粋にこの物語を楽しんで欲しいですね!

阪口周平 コメント

吹替が決まった時の気持ち

とにかく嬉しかったし、自分の中で一つ悪いジンクスを乗り越えた気持ちでしたね。というのも僕は過去2回、『スター・ウォーズ』タイトルのオーディションを受けていて両方とも落ちていたので「『スター・ウォーズ』とは縁がないのかな」と思ってました。まさに三度目の正直!

マンドー(マンダロリアン)の魅力

プロの賞金稼ぎであるマンドーには善も悪もない。そこがいい! でも、とあることをキッカケに芽生える人間味。そこがまたいい!

本作の見どころ

『スター・ウォーズ』って僕の中ではあのOP曲から始まる壮大で華やかな物語って印象なんです。その華やかさの裏側にある、泥臭いサイドストーリーを楽しんでいただきたいですね。あとカワイイは最強(意味深)。

『スター・ウォーズ』シリーズで特に好きな作品

そりゃあ『マンダロリアン』でしょう! それ以外でなら最初の三部作(Ep4〜6)。子供心にワクワクしました。実は『スター・ウォーズ』とは同い年(1977年生まれ)なので縁を感じます。

『スター・ウォーズ』シリーズの魅力

たくさんあると思いますが、その一つとして「脇役も含めて魅力的なキャラクターが多い」ことかなと。だからこそ今作のようなスピンオフが生まれるのだろうと思う。

視聴者へのメッセージ

僕自身待ちに待った配信です。是非とも一緒に楽しみましょう!

Arrow
Arrow
キャスリーン・ケネディ
ArrowArrow
Slider

■配信情報
『マンダロリアン』
12月26日(木)よりディズニー・デラックスにて国内独占配信
第2話は2020年1月3日(金)、以降は毎週金曜日配信
クリエイター:ジョン・ファヴロー
製作総指揮:ジョン・ファヴロー、デイブ・フィローニ、キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソン
監督:デイブ・フィローニ、リック・ファミュイワ、デボラ・チョウ、ブライス・ダラス・ハワード、タイカ・ワイティティ
出演:ペドロ・パスカル、ジーナ・カラーノ、カール・ウェザース、ヴェルナー・ヘルツォーク、ニック・ノルティ 、タイカ・ワイティティ
脚本:ジョン・ファヴロー、デイブ・フィローニ、リック・ファミュイワ、クリス・ヨスト
(c)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. (c)2019WireImage
公式サイト:https://www.disney.co.jp/deluxe/program/mandalorian.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる