『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』予告編 スランプに陥ったCM監督の奇妙な旅

『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』予告編 スランプに陥ったCM監督の奇妙な旅

 2020年1月24日に全国公開される映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』より、予告編が公開された。

 第71回カンヌ国際映画祭のクロージングを飾った本作は、スランプに陥ったCM監督トビーが、10年前に撮影した映画『ドン・キホーテを殺した男』でドン・キホーテ役に抜擢した老人ハビエルと再会したことで、奇怪な旅路に巻き込まれていく模様を描いた物語。

 企画頓挫をするあまり、『ロスト・イン・ラ・マンチャ』としてその過程をドキュメンタリー映画として上映するほどにもなった異色の本作。ジョニー・デップやユアン・マクレガーなど錚々たる俳優たちが決定しては消えた主人公トビー役には、『パターソン』や『ブラック・クランズマン』、そして新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』など話題作に出演するアダム・ドライバーが最終的に抜擢された。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』予告編

 公開された予告編では、ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調「運命」に乗せて、ドン・キホーテとトビーの旅路が映し出される。さらに、ヤギとキスをするトビー、目玉の付いた奇妙な怪物、豪奢な城なども確認できる。

 また、ギリアム監督のファンでもある爆笑問題の2人から、公開への期待を寄せるコメントも公開された。

太田光 コメント

「叶わない夢」だと思いかけていた映画

田中裕二 コメント

七転び八起きという言葉がありますが、それ以上転んだんですよね? この映画。
やっと日本公開。長かったですね。テリー・ギリアム監督もきっと草葉の陰で……ってまだ生きてました! とにもかくにも早く観たいです!

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』
2020年1月24日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督:テリー・ギリアム
出演:アダム・ドライバー、ジョナサン・プライス、ステラン・スカルスガルド、オルガ・キュリレンコ、ジョアナ・リベイロ、オスカル・ハエナダ、ジェイソン・ワトキンス、セルジ・ロペス、ロッシ・デ・パルマ、ホヴィク・ケウチケリアン、ジョルディ・モリャ
脚本:テリー・ギリアム、トニー・グリゾーニ
製作:マリエラ・ベスイェフシ、ヘラルド・エレーロ、エイミー・ギリアム
配給:ショウゲート
2018/カラー/5.1ch/スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル/スコープ/133分/日本語字幕:松浦美奈/原題:The Man Who Killed Don Quixote
(c)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mató a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU
公式サイト:donquixote-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる