第72回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞 現代が抱える闇描く『レ・ミゼラブル』来年2月公開決定

第72回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞 現代が抱える闇描く『レ・ミゼラブル』来年2月公開決定

 第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したフランス映画『Les Miserables(原題)』が、『レ・ミゼラブル』の邦題で2020年2月28日に日本公開されることが決定した。

 現在は犯罪多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユを舞台に、犯罪防止班に配属された新人警官・ステファンと同僚たちが、ある少年の引き起こした些細な事件をきっかけに、やがて取り返しのつかない事態へと陥っていくさまを、緊張感あふれる描写で描く本作。モンフェルメイユで生まれ育ち、本作が初長編監督作品となるラジ・リが監督・脚本を務めた。その後、各国の映画祭でも数々の賞を獲得し、第92回アカデミー賞国際長編映画賞ではフランス代表にも選出されている。

 11月20日に本国フランスでの公開を迎えた本作は、初日動員数7万人を超え、『アナと雪の女王2』に次ぐ、第2位のスタートを記録した。

※『Les miserables』の2つ目の「e」はアクサンテギュ付きが正式表記

■公開情報
『レ・ミゼラブル』
2020年2月28日(金)新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督・脚本:ラジ・リ
出演:ダミアン・ボナール、アレクシス・マネンティ、ジェブリル・ゾンガ、ジャンヌ・バリバール
配給:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES
原題:Les Miserables/2019年/フランス/フランス語/102分/カラー/シネスコ/5.1ch
(c)RECTANGLE PRODUCTIONS
公式サイト:lesmiserables-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ