オダギリジョー×麻生久美子、今だからこそ明かす『時効警察』秘話と三木聡監督への特別な思い

オダギリジョー×麻生久美子、今だからこそ明かす『時効警察』秘話と三木聡監督への特別な思い

 オダギリジョーと麻生久美子による人気シリーズの最新作『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)が本日10月11日よる11時15分(※一部地域を除く)よりスタートする。

 三木聡監督が手がける本作は、2006年から2007年にわたって放送され、最高視聴率12.1%、平均視聴率10.1%を記録するなど当時絶大な人気を誇る深夜ドラマだった。先日放送された『時効警察・復活スペシャル』の反響を見ると、その人気は今も健在と言えるだろう。

 オダギリジョー演じる霧山修一朗は、総武警察署時効管理課で捜査資料の管理を担当する警察官で、時効となった事件を捜査することを趣味としている。麻生久美子演じる三日月しずかは、その捜査に同行し、また密かに霧山に思いを寄せている。今回のストーリーは、12年前突如FBIに出向し帰国した霧山と、県警課の刑事と結婚するもほどなく離婚した三日月が再会するところから始まる。今の年齢になった2人は、どんな関係を築いていくことになるのだろうか。

 12年の時を経て再び始まる『時効警察』。復活への思いや、今だからこそ明かせる当時のエピソードについて、2人に話を聞いた。

麻生「また、すっと三日月に戻れた」

ーーオファーを受けた時はどう感じましたか?

オダギリジョー(以下、オダギリ):嬉しかったですが、心配な部分も大きかったですね。12年という月日が経って、しかもある程度みなさんに評価されていた作品だったので、今もう一度そこに挑戦し、あの時と同じ、もしくは超えるものがちゃんとできるのだろうかと。

麻生久美子(以下、麻生):これまでも何度かお話はあったのですが実現には至らなかったので、最初は今回もないだろうなと思っていました。だから本当にやると決まった時は、単純に驚きましたし、「また三日月しずかになれるのかな?」という不安が大きすぎて、ちょっと怖かったですね。

ーー怖かったというのはなぜですか?

麻生:……単純に、12年分の年齢を重ねているので……(笑)。

オダギリ:ちょっと切なくなる話だね(笑)。

麻生:(笑)。ツインテールができるのかとか、ミニスカートを履けるのかとか。さすがにちょっとスカートの丈が伸びました。

ーー霧山はアメリカのFBIに出向し帰国、また三日月も県警課の刑事と結婚するもほどなく離婚と、12年経ったことで設定にも変化がありました。

麻生:「結婚して離婚してるんだ!?」とびっくりしましたね(笑)。でもそれも最初だけで、バツイチであることはストーリーには多少影響されていますが、演じる側としてはそこまで変化はないですね。また、すっと三日月に戻れた気がします。

オダギリ:僕も、FBIにいたから何かが変わったというのは、むしろないほうがいいと思いました。霧山のキャラクターとしては大きく変わらない方が霧山らしい気がしたので。(麻生に向かって)「ぽつねんとした」って言ってたんだっけ?

麻生:あぁ~懐かしいね。当時は「ぽつねんとした」というのが霧山を表すキーワードでした。

オダギリ:そういうイメージがあったので、FBIのことはそんなに引っ張ってないですね。時効がなくなったというのも、最初の打ち合わせで議題にあがりましたが、全てがなくなったわけではないですし、霧山にとっては、趣味を続けるかどうかのことだけですからね。

ーー麻生さんは、その霧山の変わらなさをどう感じましたか?

麻生:変わらなくはあるんですが、服装が違うからなのか、私からするとやっぱりちょっと変わりましたよ。

オダギリ:そうですか?

麻生:襟が気になるんです。すっごい尖ってるんですよ(笑)。私服に関しては、私は前の霧山くんのほうが好きだったから、アメリカンになっちゃったのかなって(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ