阿部寛は13年経っても変わらない! 『まだ結婚できない男』桑野の前に現れた3人の女性

阿部寛は13年経っても変わらない! 『まだ結婚できない男』桑野の前に現れた3人の女性

 13年前に人気を博したドラマ『結婚できない男』の続編『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)がついに放送開始となった。

 前作から月日は流れ、時代は令和を迎えたが主人公の“結婚できない男”桑野信介(阿部寛)は50歳を過ぎても相変わらず独り身を謳歌していた。

 桑野はルックスもさることながら収入も人並み以上、腕のいい53歳の建築士。いわゆる婚活市場ではまだまだ「優良物件」に区分されるスペックの持ち主と言っていいだろう。ただ偏屈で独善的で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強い上、「結婚にはメリットがない」という結婚観も前作から変わらず健在なようだ。

 前作同様、そんな桑野の前に3人の女性が登場する。まず1人目は弁護士の吉山まどか(吉田羊)。日課のエゴサーチで自分を非難する“やっくんのブログ”に耐えかねた桑野はたまたま通りかかった近所の弁護士事務所に相談に行く。その事務所の代表がまどかで、彼女も独身だと言う。

 2人目の女性は、まどかが離婚裁判で弁護を担当している岡野有希江(稲森いずみ)。桑野がまどかの弁護士としての実力をジャッジするべく傍聴したのがたまたま有希江夫婦の事案だった。浮気が疑われる夫に対して、心を入れ替えてくれるのならば結婚生活の継続をと申し出る有希江と、離婚したい夫という構図。「お金よりも平穏な暮らしがしたい」と夫側からの和解の提案を受け入れようとする有希江だったが、裁判の帰り道泣きながらトボトボ歩く彼女を放っておけず桑野は彼女が雇われ店長を務めるカフェまで送っていくことに。

 そんな最中、桑野が設計した物件の工事現場に視察に行ったところ、向かいのマンションに有希江の夫が愛人と思しき女性と親しげに入っていくのを目撃してしまう。財産が少ないとされていた夫にはどうやら隠し財産があり、有希江と離婚後の新生活に向けて着々と準備を進めている様子だ。桑野に目撃されたことを知った夫は慌てふためき、口止め料としてお金を渡そうとする。

 もちろんその申し出を辞退した桑野だったが、たまたまその様子を写真で納められており、まどか、有希江からあらぬ疑いをかけられそうになる。その汚名を晴らしながら、一行は桑野が登壇する出番が近づくシンポジウム会場に急ぐことになる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ