『スカーレット』第1週は、“スイちゃん”川島夕空×『ぎぼむす』横溝菜帆の友情物語に注目!

『スカーレット』第1週は、“スイちゃん”川島夕空×『ぎぼむす』横溝菜帆の友情物語に注目!

 いよいよ9月30日より、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合)の放送が始まった。連続テレビ小説101作品目になる本作は、戸田恵梨香演じる川原喜美子が、焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家の波乱万丈な人生を描いた、脚本家・水橋文美江によるオリジナルストーリーだ。

 主人公たちの幼少期を描く第1週目は、戸田恵梨香の幼少期を演じる川島夕空と、大島優子の幼少期を演じる横溝菜帆の姿がフィーチャーされる。そこで今回は、名子役として2人の名を知らしめた過去作について紹介しつつ、第1週の見どころであり今後のドラマのベースとなる、2人の絶妙な関係性について触れてみたい。

 第1週目は、戦後間もない昭和22年、9歳の川原喜美子(川島夕空)は、父の常治(北村一輝)、母のマツ(富田靖子)、2人の妹と共に大阪から、焼き物の町・滋賀県の信楽にやって来る。暮らしは貧しくも楽しい新生活が始まり、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手として、妹の面倒を見つつ学校へ通う忙しい毎日の中、信楽焼きと出会う。そして、ある日、父が草間宗一郎(佐藤隆太)という謎の青年を連れてくる……という、将来陶芸家となる喜美子の原点となる話が展開される。

 『スカーレット』も前作の『なつぞら』と同様に、舞台は戦後間もない時代から始まり女の子が成長していく、朝ドラの十八番とも言える展開。その中で幼少期というのは、視聴者にこれから半年間ドラマを見てもらうために重要な掴みなだけに、キャスティングされる子役は、演技が上手いだけではなく、全世代の視聴者が愛おしく思える役者が起用される。今回川原喜美子を演じる川島夕空もまた素晴らしい演技を見せている。川原家は、戦後、今日を過ごす金も米もどうなるか分からない家庭で、普通なら可哀想な一家としても描かれてもおかしくないのだが、川原家はとても明るく、喜美子も前向きで、男の子たちに虐められても反撃していく頼もしさがある。もちろんそうした貧しさの中でも、楽しく生きていくというメッセージを伝える演出なのだが、川島の前向きに明るく生きる姿が、物語に元気を与え、視聴者がドラマにグイグイ引き込まれていくのである。

 川島夕空と言えば、NHK Eテレの幼児向け番組『みいつけた!』の3代目スイちゃんとして活躍した子役で、2015年6歳の時から2019年3月まで4年間担当した、知る人ぞ知る有名子役だったりする。歌が上手く、まるでアドリブのように反射神経の良い掛け合いや、自然な演技もできる、若くして芸達者な実力者。今回の役柄は、大阪出身ということで絶妙な会話の掛け合いがあり、しかも埼玉出身の彼女が大阪言葉を話すという難しい役柄にも関わらず、とても自然なのは彼女のキャリアがあってこそ。Eテレのエースが朝ドラの主役になるのは納得のキャスティングであり、彼女の成長を見続けてきた『みいつけた!』ファンには感慨深いものがあるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ