朝ドラの“原点”に戻る『スカーレット』 クレイアニメーションを用いたタイトルバックにも注目!

朝ドラの“原点”に戻る『スカーレット』 クレイアニメーションを用いたタイトルバックにも注目!

 「なつよ、『朝ドラ』よ、101作目に続けよ」のナレーションと共に締めくくられた朝ドラ100作目『なつぞら』(NHK総合)。まさに朝ドラの集大成とも呼んでいい豪華キャストたちの出演と、日本アニメーション史の歴史をなぞるという壮大なテーマで、半年間視聴者を楽しませてくれた。

 そんな区切りの作品の次作として、本日より始まったのが戸田恵梨香が主演を務める『スカーレット』だ。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込んだ主人公・喜美子が、さまざまな困難に立ち向かいながら独自の信楽焼を見出していく。

 タイトルのスカーレットは、炎の色とされる緋色のこと。陶芸に不可欠な炎、そして喜美子の情熱的な人生を表しているという。

 そのタイトルの通り、本日放送の第1話冒頭は、30代の喜美子が真剣な表情で窯に向き合う姿から始まった。この窯は番組関係者の間で“スカーレット窯”と呼ばれているそうで、本作のために制作チームが一から造り上げたという。戸田は演じるために、陶芸に関する多くの工程を取得していったそうで、指導担当者たちからも「びっくりするほどうまい」との声もあがっているそう。物語は一旦、喜美子の幼少期(演じるのは川島夕空)から始まるが、物語の中盤以降の戸田の陶芸家の姿を心待ちにしたい。

 第1話では、喜美子たち川原一家が大阪から滋賀・信楽に移住し新生活を始めた。情に熱くユーモアがある一方、厳しい家計事情にも関わらず、なけなしのお金をお酒に変えてしまうなど、“ダメ”な部分を早くも見せていた父・常治(北村一輝)。そんな常治に寄り添い、家族を優しさで包む母・マツ(富田靖子)。そして、移住早々、近所の少年たちと喧嘩を繰り広げる勝ち気なヒロイン・喜美子、喜美子の存在を注視するお嬢様・照子(横溝菜帆)と、ある種“安心”のキャラクター像が垣間見えた。

 制作発表の席で制作総括の内田ゆき氏は、「朝ドラとはなにかと考えたとき、目新しいことをやるよりも、ヒロインが成長していくこと、明るく楽しい話を毎日と届けたいと思いました」と語っていたが、その言葉通りの朝ドラの王道ストーリーが楽しめそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ