「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『ある船頭の話』

「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『ある船頭の話』

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週はかつてオダギリジョーに憧れ独特な服装に挑戦するものの、すぐに無理だと悟ったファッション漂流者・石井が『ある船頭の話』をプッシュします。

『ある船頭の話』

 俳優として数々の映画・ドラマに出演し続け、唯一無二の存在として輝き続けているオダギリジョーさん。その初長編監督作が本日より公開となる『ある船頭の話』です。

 映画を観始めるようになった高校生の頃、「この役者が出ている作品は追いかけよう」と思った1人がオダギリジョーさんでした。映画初主演作となった黒沢清監督作『アカルイミライ』。オダギリさん演じる仁村のやり場のない苛立ち、世間に対応できずズレを感じてしまうその姿に、「俺もそうだ!」と感情移入していたのを懐かしく思います。

 以後、オダギリさんの出演作『血と骨』『パッチギ!』『メゾン・ド・ヒミコ』『スクラップ・ヘブン』『ゆれる』などを追いかけたことで、現在も日本映画界で活躍し続ける俳優やスタッフたちを知っていくことができました。ジム・ジャームッシュや、フェデリコ・フェリーニの映画を観るようになったのも、オダギリさんが好きだと公言していたからだったような気がします。狂気を感じるときもあれば、飄々とした柔らかさもあり、それでいて大人の色気もある。「本当に格好いい」と心から思える俳優の1人です。

 そんなオダギリさんの初監督作品。おそらく、役者が監督をするという情報を見たとき、「本職じゃない人が……」と思ってしまった人はいると思います。実際、異業種監督というだけで持て囃され、実力が伴っていなかった人も少なくありません。しかし、ひとつはっきりと言えるのは、本作はそんな片手間で作られた作品ではないということです。紛れもなく、監督・オダギリジョーの本気、そしてそれに応えるキャスト・スタッフたちの思いが溢れ出ている骨太の日本映画となっています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ