川村壱馬、念願の『HiGH&LOW』出演に感謝 山田裕貴は「世代交代」についてもコメント

川村壱馬、念願だった『HiGH & LOW』出演に

 8月19日、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲にて、映画『HiGH&LOW THE WORST』最速プレミアイベントが行われた。

 本作では、累計観客動員数450万人・興行収入65億円突破の人気バトルアクションシリーズ『HiGH&LOW』と、累計発行部数7500万部突破の伝説的不良コミック『クローズ』『WORST』(原作・高橋ヒロシ)による奇跡のコラボレーションが実現。試写会に先立って行われたレッドカーペットセレモニーでは、詰めかけた400人のファンを前に主要キャスト15人が登場した。

左から山田裕貴、一ノ瀬ワタル

 『HiGH&LOW』シリーズで鬼邪高校・定時制の番長、村山良樹を演じた山田裕貴。出演者挨拶で、集まったファンに向かって「(試写会の)感想をぜひ世に轟かせてください」と話すと、すかさず轟洋介役の前田公輝が「なんだよ、そのギャグは!」とツッコむなど、息の合ったコンビネーションを披露した。

 鬼邪高校全日制の転入生・花岡楓士雄を演じる川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)にとって『HiGH&LOW』は、スタート当初から注目し、出演は念願。さらに『クローズ』『WORST』は原作マンガを愛読し、映画版もチェックしてきたという。まさに5年・10年越しの夢を叶えた作品が『HiGH&LOW THE WORST』であると語った。また、不良のリーダーを演じることが憧れだったという志尊淳は、今回鳳仙学園を率いる上田佐智雄を演じ「頼りになる素晴らしい仲間たちとともに、トップとしての責任を背負うことができた」と共演者に感謝を述べた。

左から葵揚、荒井敦史、志尊淳、小柳心

 続く舞台挨拶では、久保茂昭監督と出演者が登壇し作品の魅力を語った。久保監督は「(本作で)良いキャラがたくさん出てきた。みんなの雰囲気がグループごとに表れていて、何度も見ることのできる楽しい映画」と紹介。役づくりについて、川村は、原作・脚本の高橋ヒロシから「『クローズ』の坊屋春道から女好きな要素を除いたのが花岡楓士雄」と聞いたことがヒントになったと話した。鬼邪高校最大の中・中一派を率いる中越を演じた神尾楓珠は「奇抜な髪型や中身も含めて、神尾楓珠とバレないくらい(役になりきる)という意識でしたが、このタイミングでまあまあ売れてしまったので」と謎の弁解。予想外のキャラ変更に共演者は爆笑し、会場もどよめきに包まれた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる