>  > 浜辺美波が語る、役者としての新たな挑戦

浜辺美波が語る、役者としての新たな挑戦 「『賭ケグルイ』はこれまでの路線とは違う」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 浜辺美波が主演を務めるドラマ『賭ケグルイ』が、MBS/TBSのドラマイズム枠にて放送されている。シリーズ累計発行部数370万部を超える大ヒット漫画を実写化した本作は、ギャンブルの強さが生徒たちの階級を決める私立百花王学園を舞台に、転校生の謎多き少女・蛇喰夢子ら生徒たちが、極限のリスクバトルに身を投じていく模様を描いた学園ドラマだ。

 今回リアルサウンド映画部では、主演を務める浜辺美波にインタビューを行った。先日発表された第41回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した映画『君の膵臓をたべたい』での重い病を患うヒロイン役から一変、“可愛らしさ”と“狂気”の二面性を持った主人公・蛇喰夢子役という挑戦的な役柄にどう臨んだのかーー。『咲-Saki-』や『君の膵臓をたべたい』での経験や、2018年の目標とともに語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「現場ではモニターの前に行かないようにしていました」

ーー今回の主人公・蛇喰夢子役は、これまでの浜辺さんのイメージとは大きくかけ離れた、かなり挑戦的な役柄ですね。

浜辺美波(浜辺):私自身もよくマネージャーさんがこのお仕事を持ってきたなと最初はすごくビックリしました(笑)。これまでの路線とはかなり違った作品ですし、かなり際どいような表情をする役柄でもあったので、私にとっても大きな挑戦でした。

ーー浜辺さんが蛇喰夢子役で主演を務めることが発表されたとき、「今まで演じたことがない個性的なキャラクターなので、不安もありましたが、演じることがとても楽しみでした」とコメントされていましたね。不安と期待、どちらの方が大きかったですか?

浜辺:不安の方が大きかったかもしれません。まず最初に“どれくらいやればいいのか”を悩みましたし、やったところで“どれくらいできるのか”も気がかりで、撮影に入るまでは本当に不安でした。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ーー撮影に入ってからその不安はなくなりましたか?

浜辺:現場に入ってからは徐々に不安はなくなりました。皆さん最初からエンジン全開で本当に弾けた演技をされていたので、自分も皆さんに負けないようにやっていこうと。英監督からは最初に「どのシーンもマックスでやってくれれば、(編集で)つなげたときにちょうどよく見えるから」と言われていたんですけれど、現場に入ってからその言葉の意味がすごく理解できました。

ーー浜辺さんの出演が発表された際の英監督からのコメントには、「まだまだ持っていますよ、奴は。早く貯金を出しなさい。持っているでしょ、まだ」とありましたね。

浜辺:そのコメントが出たのが、ちょうど1話と2話の“投票ジャンケン”の撮影をした後だったんです。その帰り道に英監督のコメントを読んだんですけど、自分では出し切ったつもりでいたので、「あれっ!? まだか……」とちょっと焦りました。(笑)。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ーーそれでも“投票ジャンケン”の最中に夢子が豹変するシーンは相当インパクトがありました。

浜辺:あのシーンは、ずっと猫を被ってきた夢子ちゃんが弾ける重要なシーンなので、きちんと自分の中でも盛り上がらないといけないなと思っていたんです。ずっと不安を抱えていたわりには緊張もしなかったですし、心から“賭け狂えた”シーンになったと思います。

ーー“投票ジャンケン”以降はさらに“貯金”が引き出されると期待してもいいんでしょうか?

浜辺:そうですね(笑)。英監督からも「言ってもまだ1話」とずっと言われていたので、話を重ねるにつれて、より頑張ろうという気持ちで気合いを入れてやっています。

ーーそんな本作の大きな見どころのひとつ、“顔芸”とも言える表情の変化を見せるために何か意識したことはありますか?

浜辺:現場ではモニターの前に行かないようにしていました。自分の表情がどう映っているのかわからないけれど、とにかく賭け狂えているような表情が出せればいいなと。自分自身が心の底から高揚して演じることはものすごく意識しましたね。とにかく早乙女芽亜里役の森川葵さんと鈴井涼太役の高杉真宙さんがスゴかったので。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ーー森川さんも高杉さんもこれまでに見たことがないような演技を披露されていました。

浜辺:“投票ジャンケン”の対戦相手となる森川さんの演技は、どのシーンもすごく勉強になりました。目の前で見ていて目が落ちてしまうんじゃないかというような表情はもちろんですが、決めるところはバシッと決めて、逆に抑えるところはちゃんと抑えてというような強弱の付け方や間の取り方が本当にスゴいなと。高杉さんに関しても、芽亜里ちゃんがサッと出したカバンを取りにいくときなど、自然と体が動くような細かいところまで役をすり込んできていらっしゃって。とても個性的なキャラクターだったにもかかわらず、お2人ともその役として堂々と現場にいらっしゃったので、学ぶことがたくさんありました。今回の作品は、私から見てお姉さん、お兄さんが多かったので、いろいろ話も聞かせていただいて、とても楽しい現場だったんです。高杉さんも森川さんも、アニメや漫画が好きな方だったので、そういう面でも他の現場と比べてコミュニケーションをたくさん取れた気がします。英監督も現場ではよく笑っている方なので、雰囲気もものすごくよかったです。

      

「浜辺美波が語る、役者としての新たな挑戦 「『賭ケグルイ』はこれまでの路線とは違う」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版