テッサ・トンプソンが採用に向け猛アピール 『メン・イン・ブラック』最新作、本編映像公開

テッサ・トンプソンが採用に向け猛アピール 『メン・イン・ブラック』最新作、本編映像公開

 現在公開中の映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』より、本編映像が公開された。

 本作は、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、1997年から2012年までウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで3作品が製作・公開された人気SFアクションシリーズの最新作。

 今回新たにチームを組むのは、『マイティ・ソー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』のソー役で人気を博したクリス・ヘムズワースと、『マイティ・ソー バトルロイヤル』でヴァルキリー役を演じたテッサ・トンプソン。また、リーアム・ニーソンや、エマ・トンプソン、レベッカ・ファーガソンらが出演する。監督を務めたのは、『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』本編映像

 公開された映像では、トンプソン演じる新人エージェントMが、MIBエージェントたちに気付かれることなく情報をハッキングし、20年間をかけ遂に自力でMIB本部までたどりつくシーン。エージェントO(エマ・トンプソン)も動揺を隠せない様子ながら、本気の眼で人生を懸けたアピールとその中にユーモアも含めた彼女の言葉に、ただならぬ素質と覚悟を感じ取る。

 シリーズ全作品でプロデューサーを務めているウォルター・F・パークスは、トンプソンの起用理由について「彼女の強さだよ。テッサの目を見ればわかる。ごく自然なパワーがあるんだ。『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもそうだったように、一つ一つの動作の裏にアイロニーがあった」と語る。トンプソン自身もエージェントMのキャラクターを気に入り「1作目で、ウィル・スミスが演じていたエージェントJがエージェントに選ばれたのと、正反対の状況だということがすごく気に入ったの。彼女が“彼らを見つける”という、追跡不可能であるはずの組織を突き止めるという、考えられないことを彼女はやってのけるのよ。黒いスーツを着たエージェントの1人になるのが彼女の運命なの」とコメントしている。

■公開情報
『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
公開中
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、レベッカ・ファーガソン
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト:http://MenInBlack.jp
公式Twitter:https://twitter.com/MenInBlackJP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ