>  >  > 今日の広瀬すずは「半分、青い。」

今日の広瀬すずは「半分、青い。」 『なつぞら』川島明がスケッチするファッションの重要性

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新作アニメーションのキャラクター検討会にて、なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)の意見がぶつかる。牛若丸の母である、常盤御前の絵をめぐってのことだ。

 晴れてアニメーターとして出発することとなったなつ。朝ドラ『なつぞら』(NHK総合)第69話では、彼女が漫画映画を作る者としての心構えを知る姿が描かれた。

 20歳の誕生日を迎えたなつだが(本日は広瀬本人の21歳の誕生日でもある!)、なかなか彼女の心は晴れない。どこかにいるはずの生き別れた妹・千遥のために絵を描く決心をしたものの、やはり気がかりでしょうがないのだ。

 そんななか行われたキャラクター検討会。なつの描いた優しげな表情の常盤御前が候補に挙がるが、それとは反対に、麻子の描いた厳しい顔つきの常盤御前も選出される。実在した人物とあって、歴史的背景からキャラクターを立ち上げた麻子に対し、なつは自身の感情にそって描いた。「怖い母親を、子どもに見せたくない。漫画映画は子どもが見るもの」というのが、なつの言い分だ。 しかし井戸原(小手伸也)は、常盤御前にはその両方があるはずだと言う。両者とも、一人の人物のことを一面的にしか捉えられていなかったのだ。

 昼食時間、落ち込むなつのもとに、下山(川島明)がやってくる。以前一度着ていた洋服を今日も身に着けていることから、なつが何か悩んでいるのだと彼は推察したらしい。そうなのだ。下山は毎日なつのファッションスタイルを、スケッチブックに写している。今日の格好は数日前のと同じもので、上下が「半分、青い。」服装だったのである。

      

「今日の広瀬すずは「半分、青い。」 『なつぞら』川島明がスケッチするファッションの重要性」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版