>  >  > 『なつぞら』千遥の知られざる悲しみ

広瀬すずが「奇跡なんてない」と吐き捨てる 『なつぞら』千遥の知られざる悲しみ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『なつぞら』(NHK総合)第12週の初日は、なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)が生き別れた妹・千遥がいるはずの住所を訪ねる姿が描かれた。

 千遥を引き取った川谷幸一(岡部たかし)の住所を訪ねるなつと咲太郎。彼らは、幸一に付き添うように部屋から出てきた少女(池間夏海)を見つけた。なつと咲太郎は「千遥」と思わず声をかける。だが、少女は千遥ではなく、幸一の娘だった。

 千遥は家出したのだ。それも千遥が6歳のときに。少女は自分の母が千遥にきつく当たったのが原因ではないかと話し、深々と頭を下げて詫びた。

 千遥の行方を話す幸一と少女、咲太郎の声が聞こえる中、静かに涙を零すなつの表情が写映し出される。その表情からは悲しみだけでなく憤りも見えてくる。だが、その憤りは幸一たち家族にではなく自身に向いている。妹が過ごしてきたつらい日々を何ひとつ気づけないまま、自分は過ごしてきたのだと。

      

「広瀬すずが「奇跡なんてない」と吐き捨てる 『なつぞら』千遥の知られざる悲しみ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版