>  > 吉高由里子が『わた定』で見つめた自身の働き方

『わたし、定時で帰ります。』インタビュー

吉高由里子が見つけた「何のために働くのか」の答え 『わたし、定時で帰ります。』撮影を終えて

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月某日、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の最終回が撮影されているスタジオにやってきた。スタジオ内に足を踏み入れると、早速、主人公・東山結衣を演じる吉高由里子が楽しそうに笑う声が聞こえてくる。どうやらワーカーホリックの元婚約者・種田晃太郎(向井理)との2ショットシーンのリハーサルのようだ。「おなかすいたよー。ね、いま何食べたい?」(吉高)、「ちょうど3時のおやつの時間だ。んー……ごはん(笑)」(向井)。そんな何気ない会話が役柄とシンクロして、結衣と晃太郎の絶妙な距離感をリアルにしていく。いざ本番になると、台本にないセリフも飛び出す。カットがかかると、そこにいた誰もがほっこりとした気持ちでいっぱいになっていた。

 オフィスシーンの撮影時には、デスクで伸びをしているエンジニア・吾妻役の柄本時生の脇腹をチョップ! 新人・来栖役の泉澤祐希の肩をトントンとたたき振り向きざまにほっぺをプニッ! 先輩・賤ヶ岳役の内田有紀とは「今のおかしい!」とスタッフにツッコミを入れて大笑い。かと思えば、今度は自分がバレッタを外す段取りを忘れてしまい、メイクさんにツッコまれ「ごめんごめん〜」と、まるで歌舞伎役者のような素振りで謝って見せる。

 「こんなに楽しい現場は、なかなかない」「吉高さんがいつも場を明るくしてくれた」。リアルサウンドのインタビューに答えてくれたキャストもプロデューサーも、こぞってそう話していた。きっと、『わたし、定時で帰ります。』というドラマは、東山結衣が職場の仲間たちの閉塞感を解き放ってきたように、吉高由里子の軽やかな人間性がもたらす周囲の笑顔があってこそ、成立した作品だったように思う。

 共演者たちが続々とクランクアップを迎える中、吉高がインタビューに応じてくれた。『わたし、定時で帰ります。』を通じて、彼女自身が感じたこととは?

「私を受け入れてくれる現場でした」


ーーいよいよ撮影も大詰めですが、率直な今の気持ちを教えてください。

吉高由里子(以下、吉高):本当に「もう終わってしまうんだ……」という気持ちが大きくて。特に今日は、みんながクランクアップする日なのですごく寂しいですね。みんな話が面白い方たちばかりで、一緒にやっていてすごく楽しかったから。それに、この作品は見てくださっている方々も、とてもいい人ばかりだったから、終わってほしくないですね。ネットの書き込みとか見てても「自分たちの周りは……」とか「うちの会社は……」とか、すごく真面目なご意見を頂き!

――ネットの反響も、チェックされるんですね!

吉高:見ますよー(笑)! いつもはあまり見ないんですけど、このドラマを見ている人たちの書き込みはすごく勉強になって楽しかったです。「こういう世の中なんだ」「こういう時代なんだ」って。今まで、知らなかったことを知る機会にもなるドラマで、すごくたくさん勉強になりました。

ーー反応を見ていると、「結衣のような先輩がほしかった」「理想の上司だ」というような声もありましたが、いかがですか?

吉高:本当かよ〜? って(笑)。私自身は、全然そういうタイプじゃないから。きっと、そう感じてもらえたのは、脚本があってのありがたみですよね。

ーー共演者のみなさんが「この現場は楽しい」っておっしゃっていたのが印象的で、吉高さん自身が現場で心がけていたことはあったんですか。

吉高:自分が一番楽しもうという気持ちは常にありますね。「眠い」とか「疲れた」みたいな方向にいくのは簡単だけど、「疲れを忘れて楽しむ」っていう方向に切り替えた方が、満喫できるというか。せっかく出会えた作品なので、自分の心に残る作品にもしたいと思っていて。でも自分のスタミナの配分を、まだ把握してないところもあります(笑)。午前中に騒ぎすぎて、午後になってすぐにグッタリしちゃったり……。そういう私のことも、現場のみんなが受け入れてくれてたのも、楽しくて居心地がよかったんだと思います。

      

「吉高由里子が見つけた「何のために働くのか」の答え 『わたし、定時で帰ります。』撮影を終えて」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版