『腐女子、うっかりゲイに告る。』純と紗枝に芽生えた感情とは何だったのかーー各々の未来に進んだ最終回を観て

『腐女子、うっかりゲイに告る。』純と紗枝に芽生えた感情とは何だったのかーー各々の未来に進んだ最終回を観て

「僕をちゃんと見てくれて本当にありがとう」

 純(金子大地)は、紗枝(藤野涼子)の瞳を見つめて、そう言った。それは「愛している」とか「大好き」だとはちょっと違うかもしれない。でもずっと孤独だった純にとっては、もしかしたらキスをすることよりも、セックスをすることよりもずっと特別で、かけがえのない感謝と愛の言葉だったような気がする。

 『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』(NHK総合)が最終回を迎えた。深い衝撃と慟哭に打ち震えた第5話、革命の熱狂に湧いた第7話に比べて、最終話はずっと穏やかで。でもそれは嵐が去った後の、眩しい光に満ちた朝日のようで。きっと多くの視聴者が、画面の中で生きる登場人物たちを慈しむように、祝福するように、その結末を噛みしめたことだろう。

「人間は、自分が理解出来るように世界を簡単にして分かったことにするものなのさ」

 そんな鋭い投げかけとともに始まった本作は、一貫して他者を理解することを描き続けてきたように思う。ずっと誰にも理解されない苦しみを抱えていた純だけど、純もまた多くのことをよくわかってはいなかったし、わかろうともしていなかった。

 たとえば幼なじみの亮平(小越優輝)。純が同性愛者であることを知っても、亮平は決して純を軽蔑したりはしなかった。ただひとつ亮平の中で揺れているものがあったとしたら、純が自分を恋愛対象として見ていたら、ということ。それも恋愛対象として見られることが不快なわけじゃない。自分はどこかで純を傷つけてしまっていたかもしれない、その無自覚さに亮平は心を痛めていた。

 そして純は言う。「亮平のことは大好きだけど付き合いたいと思ったことは一度もない」と。その言葉に亮平は大喜びする。でもそれは自分が恋愛対象ではなかったことに安心したからではない。自分のことを純が「大好き」だと言ってくれたからだ。口が悪くてそっけない純は、そんなふうに気持ちを明かしたことなんてなかった。亮平にとってはゲイであることのカミングアウトよりも、「大好き」だと言ってくれることの方が、大切で、意味のある告白なんだ。そんなシンプルなことも、純はわかってはいなかった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ