『腐女子、うっかりゲイに告る。』クイーンの楽曲が物語の要に フレディと重なる金子大地の苦悩

『腐女子、うっかりゲイに告る。』クイーンの楽曲が物語の要に フレディと重なる金子大地の苦悩

 いよいよ、「ボヘミアン・ラプソディ」である。といっても、昨年公開され日本でも大ヒットを記録した映画『ボヘミアン・ラプソディ』のことではない。毎週土曜日のNHK「よるドラ」枠で現在放送中のドラマ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』のことだ。タイトルこそ変更されたものの、浅原ナオトの小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』を原作とする本作。そこにおいて、クイーンというバンドは、そしてフレディ・マーキュリーという人物は、ある種特別な存在として、その物語の背景に位置にしているのだ。まずは、各回のサブタイトルに注目してほしい。原作の章立てを踏襲した全8回構成となっている本作には、原作と同じように、「Track1:Good Old Fashioned Lover Boy」、「Track2: I Want It All」といった感じで、クイーンの楽曲名がつけられている。そして、5月18日に放送される「Tack5」が、映画のタイトルにもなるほど有名な、そしてクイーンの代表曲でもある「ボヘミアン・ラプソディ」という次第なのである。

“妄想”を愛する女子高生と“現実”で悩み続ける男子高生

 クイーンに関係しているのは、そのサブタイルと、毎回そのどこかで物語的な意味合いをもって流れ出す、クイーンの楽曲だけではない。そもそも、このドラマの主人公であり、自らの性的指向に悩む男子高校生・安藤純(金子大地)は、「この社会に生まれたことが苦しくてどうしようもないときに救ってくれた」というくらい、クイーンの音楽を純粋に愛している人物なのだ。そして、家族や友人にも自身の性的指向を明かしていない彼にとって、唯一心の底から悩みを相談できる相手である、インターネット上の友人「ミスター・ファーレンハイト」(声:小野賢章)もまた、クイーンの大ファンである(“ミスター・ファーレンハイト”とは、クイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」の歌詞に登場する人物名)。というか、純と同じく年上の恋人を持つ同性愛者であり、その恋人がAIDSを発症している彼は、フレディ・マーキュリーという存在に、他人事ではない特別な思い入れを持っているのだ。

 一方、本作のもうひとりの主人公である三浦紗枝(藤野涼子)は、BL(ボーイズラブ)の漫画を密かに愛好する、いわゆる“腐女子”の女子高生だ。その彼女が、ひょんなことからその“秘密”をクラスメイトである純に知られてしまったことから、物語は動き出す。甘美な妄想の世界(ファンタジー)を愛する女子高生と、生々しいリアルな世界(現実)で悩み続ける男子高生。ひと口に“同性愛”といっても、その捉え方も切実さの度合いもまったく異なる、本来ならば交差することのなかったはずの2人は、お互いに言葉を交わし合い、行動を共にすることによって、次第にその距離を縮めてゆく。「人間は、自分が理解出来るように、世界を簡単にして分かったことにするものなのさ」。そんなファーレンハイトの言葉に溜飲を下げたのち、「BLって、世界を簡単にしないための方法だと思うの」「好きなものを好きだって言える時間がいちばん好きだな」と、無邪気に語る紗枝の言葉に思わずハッとする純。そして、このドラマのタイトル通り、彼がゲイであるとは知らぬまま、紗枝は純に「私と付き合ってください」と告白するのだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ