>  >  > 風間俊介の快進撃が続く理由

風間俊介の快進撃が続く理由 役者、パーソナリティ、“極め過ぎたキャラ”で異彩を放つ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 風間俊介の快進撃が止まらない。

 現在、日本テレビ系列でオンエア中の『ZIP!』では月曜メインパーソナリティを務め、テレビ朝日系列の昼ドラ『やすらぎの刻〜道』の道パートで主演。またNHK-BSプレミアムのドラマ『おしい刑事』でも主役の押井敬史として出演中だ。

 風間がデビュー以来所属しているジャニーズ事務所に入所したのは1997年。他の多くのメンバーと同じくオーディションを経ての入所で、その存在を世に知らしめたのが、1999年にTBS系列で放送された『3年B組金八先生』第5シリーズ、兼末健次郎役の演技だった。

 『金八』の第5シリーズのテーマは「学級崩壊」「家庭不和」「発達障害」「少年犯罪」等と、それまでのシリーズと同じく“攻めた”内容で、中でも風間が演じた兼末健次郎は要(かなめ)とも言えるキャラクター。ドラマの中でこの役が成立しないとシリーズ全体が崩れてしまう重要な位置づけだ。

 家庭の問題を抱え、親には天使のような顔を見せながら、学校では人心を操り、クラスメイトたちを恐怖と暴力とで支配するという非常に難しい役どころを風間は見事に演じ切り、いくつかの新人賞も受賞する。一見、“ザ・少年”といった可愛いたたずまいでありながら、ふたつの顔を使い分け、クラス内で時にぞっとする表情を見せる彼の演技は真に迫っており、毎回目が離せなかった。

 このドラマで演技派の称号を手にした風間は、その後、多くのドラマや舞台を中心に活動。一時期は生田斗真、山下智久、長谷川純とユニット「Four Tops」も結成するが、デビューには至っていない。

 演技の面で着実にキャリアを築いていき、『金八』に続いて『アキハバラ@DEEP』(TBS系)や『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)、朝ドラ『純と愛』(NHK総合)などの代表作にも恵まれた風間だが、近年ではバラエティー等での“極め過ぎたキャラ”でも異彩を放つ。

 最近驚いたのは『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で飛行機の“マイル修行”についてアツく語り、そのやり方をカメラを通して見せた時。同行するアナウンサーが泣きを入れても容赦せず、空港グルメをこれでもか! と食べ歩いて、航空会社のステイタスをあげるため、ただ飛行機に乗り続ける“修行”を嬉々として続ける姿は間違いなくアイドルのそれではなかった。

 また『マツコの知らない世界』(TBS系)に「東京ディズニーランドの世界」「東京ディズニーシーの世界」で2回出演した際は、自ら企画を持ち込み、台本も自分で書くという熱の入れよう。東京ディズニーシーの回では、パーク内のプロメテウス火山の地層について、本職の地質学者と語り合うという荒業も見せた。

 この時点で、演技者としての彼がどこに向かうのか、一瞬、先の道が見えなくなったりもしたが、風間の実力はこんなことでブレるほどやわではない。

      

「風間俊介の快進撃が続く理由 役者、パーソナリティ、“極め過ぎたキャラ”で異彩を放つ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版