>  >  > 松村北斗、キャリアの底力見せる

SixTONES 松村北斗、松坂桃李と対の存在に 『パーフェクトワールド』で見せた深みある演技

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「いつかこのドラマがただのありふれたラブストーリーになりますように」。車いすで生活する建築士の鮎川樹(松坂桃李)とその同級生の川奈つぐみ(山本美月)の恋を描いた『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)は、障害によって日常生活にもたらされる困難を真摯に取り扱っている。障害があるのは樹だけではない。樹の後輩として同じ設計事務所で働く渡辺晴人(松村北斗)もまた、障害を抱え義足で生活しているのであった。

 5月14日に放送された第4話は、晴人の恋や、障害との向き合い方が描かれた回となった。晴人を演じる松村北斗は、晴人の障害に対するコンプレックスや、やりきれない想いを熱い演技で好演した。

 松村はジャニーズJr.内のグループ「SixTONES(ストーンズ)」で活動するアイドルだ。現在23歳であるが、既に入所10年目を迎えておりキャリアもしっかりと積んでいる。松村は入所した次の日にはTV出演を果たし、Jr.内のグループでCDデビューも経験。常に人気グループに属してきたいわゆるエリートである。しかし、現在Sexy Zoneとして活動する中島健人、菊池風磨らと組んでいたJr.内のグループB.I.Shadowは上記2人のデビューによって事実上の解散。松村にとって挫折を味わう時期が続く。だが松村はめげることなく前を向いて努力を続け映画やドラマで活躍するJr.となった。出演作には三木孝浩監督の『坂道のアポロン』(2018)や『映画 少年たち』(2019)、テレビドラマでは『私立バカレア高校』や『SHARK』(共に日本テレビ系)などがある。

 松村のこの経歴は、どことなく晴人を彷彿とさせるものがあった。今でこそ、建築士の資格を諦めようとしている晴人だが、樹の「障害受容なんて無理」というリアルな共感の声に前を向き始めている。さらに晴人は、第2話では樹を車いすバスケに誘う。はじめに樹に前を向くための手を差し伸べたのは晴人であった。そんな前向きに努力を続ける晴人を繊細に演じられたのは、松村が自分の力でキャリアを切り開いてきたことが活きたのだろうと感じる。

      

「SixTONES 松村北斗、松坂桃李と対の存在に 『パーフェクトワールド』で見せた深みある演技」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版