「俺はなっちゃんが好きだ」 『なつぞら』吉沢亮が告げた広瀬すずへの最大のエール

「俺はなっちゃんが好きだ」 『なつぞら』吉沢亮が告げた広瀬すずへの最大のエール

 そして、天陽(吉沢亮)が立ち上がり、「俺はなっちゃんが好きだ。それはこれからも変わらない」と伝えた。突然の告白に、天陽のなつへの思いを知る照男(清原翔)と正治(戸次重幸)、タミ(小林綾子)は驚いた表情を見せるが、天陽は拍手で旅立つなつの背中を押す。

 送別会には行かず、牧場に残った泰樹(草刈正雄)は、牛の世話をしながら1人静かに涙を流す。なつを普段通り送り出した泰樹が見せた涙は、なつを誰よりも強く応援し、誰よりも別れを寂しく思う彼の本心を伝えるものだった。

 なつにはかけがえのない「ふるさと」ができた。大切な人々との別れは名残惜しいが、ここからなつの東京での物語が始まるのだ。

■片山香帆
1991年生まれ。東京都在住のライター兼絵描き。映画含む芸術が死ぬほど好き。大学時代は演劇に明け暮れていた。

■放送情報
連続テレビ小説『なつぞら』
4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人/岡田将生、吉沢亮/安田顕、音尾琢真/小林綾子、高畑淳子、草刈正雄ほか
制作統括:磯智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中正、渡辺哲也ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる