>  >  > 吉沢亮「俺はなっちゃんが好きだ」

「俺はなっちゃんが好きだ」 『なつぞら』吉沢亮が告げた広瀬すずへの最大のエール

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKの連続テレビ小説『なつぞら』第8週の初日。昭和31年春、アニメーターになる夢を叶えるため、上京を果たすことになるなつ(広瀬すず)と家族との別れが描かれた。

 まずは先週北海道大学への受験に臨んだ夕見子(福地桃子)の合格発表から。大学から合否を知らせる書類が届き、柴田家はワクワクした様子で合否の知らせを待つが、夕見子は「1人で見る」と言ったっきり部屋から出てこない。家族でこっそり様子を見に行くと、そこには書類を手に眠っている夕見子の姿が。書類には「入学を許可する」の文字。気が抜けて眠ってしまった夕見子の姿に、柴田家も一安心だ。

 その夜、机に向かって絵を描くなつの横には明美(平尾菜々花)の姿が。明美は絵を描くなつを楽しそうに見つめていたのだが、ふと思いつめたような顔つきになり、なつに抱きつく。「わたしのこと忘れないでね」と言う明美。「わたしは、なつ姉ちゃんがいなかったときのこと、覚えてないから」「ずっと、なつ姉ちゃんはわたしのお姉ちゃんだよ」となつがいなくなることを寂しがる。明美を抱きしめるなつの表情は、正真正銘の「お姉ちゃん」だった。

 菓子屋・雪月で行われた送別会。集まってくれた皆の前で、なつは恥ずかしそうに思いを語る。育ててくれた家族への思いもあり、伏し目がちに言葉を紡ぐなつを励ましたのは、他でもない柴田家の人々だった。柴田家1人1人の顔が映し出され、なつの送り出す家族の思いが伝わってくる。

      

「「俺はなっちゃんが好きだ」 『なつぞら』吉沢亮が告げた広瀬すずへの最大のエール」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版