>  >  > 『ラジエーションハウス』恋愛ドラマ展開に

本田翼に淡い恋心 『ラジエーションハウス』恋愛関係が一気に進展

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 それぞれの抱える秘密に焦点を当てた『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)第8話。2人の患者の病気について描きながら、物語は徐々に交差していく。そんな中、唯織(窪田正孝)が実は医師であることが技師長である小野寺(遠藤憲一)にバレてしまう。小野寺はそれを隠すことを約束するが、唯織の判断力の高さや医学の知識は、勤務を重ねるうちに周知となる。周りのラジエーションハウスの面々からも「医者みたい」という声が聞こえ、小野寺と唯織はぎこちない表情を浮かべた。

 第8話では季節外れのハロウィンパーティーが病院でひらかれる。患者である久美(稲垣来泉)という少女が開催したものだ。そこでは願い事を書くカードが配られ、患者、職員問わずに願い事を記している。同じ頃に患者として腹部の痛みを訴え病院に訪れた陽子(佐藤めぐみ)は、偶然出会った久美からカードを手渡され願い事を書く。

 陽子は子供を欲しいと思っていた。しかし陽子の夫の祐一(板橋駿谷)は、稼ぎが少なく、不甲斐なさから子供が欲しいと言い出せない。すれ違っていた2人だが、陽子に病気が発覚したことで素直に話し合い、お互いに子供が欲しいということを打ち明けられるようになる。一方、ハロウィンパーティーを開催して病院の子供たちに笑顔を届けた久美だが、本人は検査が嫌で部屋を抜け出してしまう。抜け出した先で杏(本田翼)に見つけられ、病室に戻る途中にエレベーターが誤作動で停止。同時に久美はけいれん発作で倒れてしまう。ラジエーションハウスの前で止まったエレベーターをこじ開けるべく放射線技師たちは力を尽くした。中でも唯織は、ドアの外から適切な処置を指示し、杏にもアドバイスを送る。杏はそんな唯織に憧れている様子を見せた。

      

「本田翼に淡い恋心 『ラジエーションハウス』恋愛関係が一気に進展」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版