>  >  > 『海獣の子供』予告編

STUDIO4℃最新作『海獣の子供』予告編公開 久石譲「映画音楽としてはかなりチャレンジ」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月7日に公開される映画『海獣の子供』の予告編が公開された。

 本作は、自然世界への畏敬を独自に表現する漫画家・五十嵐大介の同名コミックを、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞したSTUDIO4℃が映画化したもの。“海を舞台とした生命の秘密”をテーマに、ヒトと自然世界の繋がりを描く。

 芦田愛菜が主人公・琉花の声を務めるほか、石橋陽彩、窪塚愛流ら若手キャストが集結。さらに、琉花の父親で水族館に勤務する安海正明役で稲垣吾郎、娘とも夫とも関係がうまくいかない琉花の母親・安海加奈子役で蒼井優が出演する。また、映画音楽界の巨匠・久石譲が、原作の世界観を深く描き出すために音楽を全編書き下ろした。

 公開された予告編では、冒頭に迫力あるザトウクジラが登場し、「海で起きるほとんどの事は、誰にも気づかれない」とコピーが添えられる。そこから、主人公・琉花の夏休みのはじまりへ。琉花とジュゴンに育てられた少年“海”と“空”との出会いや、彼女が幼い頃に体験した不思議な思い出のシーンも描かれている。

 加えて、音楽を担当する久石よりコメントが到着。「この映画の面白さは、ストーリーとして予測出来ないところにあります。哲学的であるとも言えます。全編を通してミニマル・ミュージックのスタイルを貫いたので、映画音楽としてはかなりチャレンジをしたと思います。宇宙の記憶の息遣い、生命の躍動感など観る人のイマジネーションを駆り立てる作品です。音楽と映像によって観る人の感覚が開放されて楽しめることを期待します」と、制作にあたって、これまでにない音楽的なチャレンジをしたことを明かした。

■公開情報
『海獣の子供』
6月7日(金)全国ロードショー
原作:五十嵐大介『海獣の子供』(小学館 IKKICOMIX刊)
キャスト:芦田愛菜、石橋陽彩、窪塚愛流、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、富司純子
監督:渡辺歩
音楽:久石譲
キャラクターデザイン・総作画監督・演出:小西賢一
美術監督:木村真二
CGI監督:秋本賢一郎
色彩設計:伊東美由樹
音響監督:笠松広司
プロデューサー:田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃ 
製作:「海獣の子供」製作委員会 
配給:東宝映像事業部
(c)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
公式サイト:www.kaijunokodomo.com
公式Twitter:@kaiju_no_kodomo

「STUDIO4℃最新作『海獣の子供』予告編公開 久石譲「映画音楽としてはかなりチャレンジ」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版