「MOOSIC LAB 2019」⻑編部門第1弾ラインナップ発表 眉村ちあき、菅原慎一らが参加

「MOOSIC LAB 2019」⻑編部門第1弾ラインナップ発表 眉村ちあき、菅原慎一らが参加

 音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2019」の⻑編部門ラインナップ第1弾が発表された。

 MOOSIC LABは、これまで数々の作品や映画監督、ミュージシャンやキャストを輩出。2018年度の長編部門、短編部門から続々と単独公開が決定するなど異例の盛り上がりを見せている。

 今回は第1弾として、長編部門から8作品が発表。ラインナップは、2018年短編部門グランプリ『ドキ死』監督の井上康平×菅原慎一(シャムキャッツ)による『ドンテンタウン』、『21世紀の女の子』公募枠で約200人の中から選出された金子由里奈監督『地図しかない』、森岡龍や川上奈々美の出演も決定したTAMA NEW WAVE入選の下社敦郎監督『東京の恋人』、PFFアワード2018で『からっぽ』がエンタテインメント賞を受賞した野村奈央監督『男の優しさは全部下心なんですって』、東京学生映画祭&田辺・弁慶映画祭でグランプリ、下北沢映画祭で準グランプリを受賞した『チョンティチャ』の福田芽衣監督作『90分バスロマンス』、大ブレイク中のアーティスト・眉村ちあきが主演を務める『眉村ちあきのすべて』、『ドキ死』で脚本を担当した劇団“なかないで、毒きのこちゃん”主宰・鳥皮ささみと2年連続参加の狐火による『ビーフビーフビート』、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞の根岸里紗監督らが参加する『ざいあくかん』となっている。この他にも数組がエントリー予定。また、短編部門も企画を鋭意選定中で、特別招待作品も数作品の制作が進行中とのことだ。

 また、4月22日にLOFT9 Shibuyaにてキックオフイベントが開催されることも決定。各作品はこのキックオフイベントにて製作発表後、クランクインし、11月の上映で披露される予定。また、これまでに小松菜奈や伊藤万理華らが務めてきたポスタービジュアルや予告編に登場するイメージモデルは、2019年度については「美少女図鑑WEBオーディション」から選出されることも決定した。その映像は、2018年度の準グランプリ『暁闇』監督の阿部はりかと、スペシャル・メンションに選出されたミュージシャンの大槻美奈(『満月の夜には思い出して』)のタッグで制作されることもあわせて発表された。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

「MOOSIC LAB 2019」ラインナップ

長編部門

井上康平×菅原慎一(シャムキャッツ)『ドンテンタウン』
金子由里奈×Tokiyo『地図しかない』
下社敦郎×東京60WATTS『東京の恋人』
鳥皮ささみ×狐火『ビーフビーフビート』
野村奈央×???『男の優しさは全部下心なんですって』
根岸里紗×川原杏奈×???『ざいあくかん』
福田芽衣×???『90分バスロマンス』
松浦本×眉村ちあき『眉村ちあきのすべて』
以後、追加発表を予定
※タイトルはすベて仮タイトル

短編部門

後日発表

特別招待作品

後日発表

オープニング映像

阿部はりか×大槻美奈×イメージモデル(「美少女図鑑アワード2019」より選出)

11月 K’s cinemaほかにて開催
公式サイト:moosiclab.com

MOOSIC LAB 2019 KICK OFF PARTY

日時:4月22日(月)19:00〜
場所:LOFT9 Shibuya
ゲスト:MOOSIC LAB 2019 参加監督、ミュージシャン、出演者、直井卓俊(MOOSIC LAB主宰)ほか

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる