>  > 『スパイダーバース』“黒人スパイダーマン”誕生の背景

“黒人スパイダーマン”誕生の背景は? 『スパイダーバース』が伝えるメッセージを読み解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハリウッドは、スパイダーマンの通過儀礼を繰り返してきた。サム・ライミ監督による『スパイダーマン』から『アメイジング・スパイダーマン』、そして『スパイダーマン:ホームカミング』まで、15年間で6本ものスパイダーマン映画が作られては主人公ピーター・パーカーの試練と成長が描かれてきた。こうした連続リブートのアルティメット版とも言える新作が『スパイダーマン:スパイダーバース』だ。ピーター・パーカーのみならず女子高生のグウェン・ステイシー、日系の未来人ペニー・パーカー、そして明らかに豚のスパイダー・ハム(元々は蜘蛛)まで、合計6人のスパイディが登場。ヒーロー飽和時代に相応しいマルチバースとも言えるが、これが大成功だった。個性豊かなキャラクター群をまとめあげるのみならず、革命的な3D表現によってコミックに没入する感覚を見事スクリーンに表出させ、スーパーヒーロー映画最高峰の評価を確立。2019年にはアカデミー賞長編アニメーション部門獲得に至る。2008年以来、この部門でディズニー作品に競り勝ったウィナーは本作だけだ。

 6人それぞれの「あらすじ」をリズミカルに紹介する様は、21世紀に連続したスパイダーマン映画をネタにする気概を感じさせるが、本作の主人公はピーター・パーカーではない。物語を率いるのは、ピーターに使命を託された新人スパイダーマン兼アフロ・ラティーノの高校生、マイルス・モラレスだ。ナイキのスニーカーとグラフィティ・アートを目印にするこのニューフェイスの存在もあって、映画はニューヨークのストリート・カルチャーが満載になっている。なかでも若手ラッパーが揃ったサウンドトラックは出色かつ劇中も効果的に流されるため、HIPHOPムービーとしても見ることができる。まさにブラック・スパイダーマンの映画デビューに相応しい作品となったわけだが、実は、この新主人公はアメリカ待望のヒーローでもあった。

 「ピーター・パーカーは白人の異性愛者でなければならない」ーー2015年にリークされたソニー・ピクチャーズのメールには、スパイダーマン映画に関する取り決めが羅列されていた。なかでも注目を集めたのが人種規定。「肌が白い者しかスパイダーマンになれない」、そう印象づけるには十分な文章だった。この騒動以降、アメリカを中心に、非白人、とくに黒人のスパイダーマン映画を求める声が大きくなっていった。なんと歌まである。グラミー賞ノミネート経験も持つ人気ラッパーのロジックは、2017年に『Black Spiderman』をリリース。さまざまな偏見に立ち向かわんとするこの楽曲のおいて、スパイダーマンの存在はイエス・キリストと並べられている。そしてロジックは黒人版スパイディ映画を希求するのだ。「スパイダーマンはブラックになるべきだ 俺はドナルド・グローヴァーに投票するよ、グローヴァー主演でバッチリだ さぁ、もっと票を入れよう 何票も、何票も、何票も……」

Logic – Black SpiderMan ft. Damian Lemar Hudson

 たしかにスキャンダラスなリークだったが、一キャラクターの肌がここまで話題になったのは何故だろうか。その理由を考えると、スパイダーマンというヒーローが持つとく特性にたどり着くかもしれない。

      

「“黒人スパイダーマン”誕生の背景は? 『スパイダーバース』が伝えるメッセージを読み解く」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版