>  >  > 『家売るオンナ』北川景子は“最強のツンデレ”!?

『家売るオンナの逆襲』北川景子は“最強のツンデレ”!? 物語は松田翔太との最終対決に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、三軒家万智(北川景子)と屋代課長(仲村トオル)、留守堂(松田翔太)と足立(千葉雄大)……それぞれすれ違う関係に悩んでいた。その一方、庭野(工藤阿須加)も、万智からの「卒業」を考えていた。

 今回、テーコー不動産に訪れたのはそんな庭野(工藤阿須加)の父・茂雄(泉谷しげる)。茂雄は、亡くなった妻が残した実家を売ったお金でタコ焼き屋を開いて一発当てようとしていたのだ。反対する庭野だが、”家売るオンナ”万智が現れ、いつも通り家を売ると宣言。さらに家の売却相手はあの留守堂で、当初庭野は困惑を隠せなかった。

 そんな庭野が担当している客・棟方母娘の境遇も庭野に近い。夢見がちな母・幸子(南野陽子)はケーキ教室兼ケーキ屋を開くための資金に夫の残した家を売りたいと話すが、家の共同名義主である堅実な娘のすみれ(大後寿々花)は家を売ることに反対している。

 そんな2件の家を売ろうとする万智の真意は、親と子の関係をあえて切り離し、互いに自立することで、健全な関係を作ることだった。そんな万智の姿を見て、足立も留守堂との関係にケリをつけて家売る「足立王子」としての姿を取り戻す。庭野も、すみれの姿に自らを重ね、自身の父親への思いを吐露する形で熱弁し、家の売却に成功。期せずして万智からの「卒業」を果たすのだった。

      

「『家売るオンナの逆襲』北川景子は“最強のツンデレ”!? 物語は松田翔太との最終対決に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版