デイヴ・バウティスタがスタジアムで大暴れ 『ファイナル・スコア』4月公開、予告編&ポスターも

デイヴ・バウティスタがスタジアムで大暴れ 『ファイナル・スコア』4月公開、予告編&ポスターも

 デイヴ・バウティスタ主演映画『ファイナル・スコア』が4月12日に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、『ブレードランナー2049』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シのバウティスタが主演を務めるアクション映画。同じくWWEの元スター選手ドウェイン・ジョンソンに続けとばかり、持ち前の肉体と身体能力を遺憾なく発揮し、たった1人でテロ組織に挑む元軍人を演じる。また、物語の鍵を握る元革命家ディミトリ役には、5代目ジェームズ・ボンドでお馴染みのピアース・ブロスナン、テロリストのリーダー役には、『マイティ・ソー』シリーズのレイ・スティーヴンソンらが集結した。

 監督は、『ザ・トーナメント』『タイム・トゥ・ラン』のスコット・マン。英プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドが2016年までホームグラウンドとして使用し、解体が決まっていたブーリン・グラウンドにて撮影が行われ、さらにはスタジアムが大爆破に巻き込まれる。

『ファイナル・スコア』予告編

 公開された予告編では、バウティスタ演じるマイケルと、亡き戦友の娘ダニーが、ウェストハム・ユナイテッドとディナモFCの試合を訪れる様子が。しかし、超満員のスタジアムの盛り上がりの裏で、恐るべきテロ計画が進められていた。電波妨害で通信網はストップ、解説者が射殺された姿がTVで放映され、計画を知ったマイケルが阻止すべく動き始める。次々と悪党どもを倒し、バイクでスタジアムを疾走、華麗なジャンプを決め、最後は激しい爆破に飲み込まれていく。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ファイナル・スコア』
4月12日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:スコット・マン
脚本:ジョナサン・フランク、デヴィッド・T・リンチ、キース・リンチ
音楽:ジェームズ・エドワード・バーカー、ティム・デスピック
撮影:エミール・トプゾフ
編集:ロバート・ホール
配給:クロックワークス
2018年/イギリス/105分/原題:Final Score/レイティング:R15+
(c)Final Score Film Limited, 2018.
公式サイト:http://klockworx-v.com/finalscore/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ