>  >  > 『メゾン・ド・ポリス』竜星涼が重要に?

竜星涼がキーパーソンに? 『メゾン・ド・ポリス』随所に散りばめられた“深い意味”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そして、同じくひよりの父の事件を知っていることが度々におわされてきた伊達(近藤正臣)の存在が、さらに突き詰められること。しかも今回の中盤で、管理官から告げられた言葉を夏目に話すひよりが言う「いつの間にかこの場所(メゾン)が大事になっちゃってたんだって。私は警察の人間です。でも、ここの人間でもあります」の言葉と「信頼」と言う言葉に夏目も著しく反応する。改めて考えてみると、メゾンのおじさまたちのつながりや、ひよりがメゾンを訪れたことにも何か深い意味があるのかもしれない。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』
TBS系にて、毎週金曜22:00〜放送
出演:高畑充希、西島秀俊、西田尚美、竜星涼、木村了、戸田昌宏、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣
原作:加藤実秋『メゾン・ド・ポリス』シリーズ(角川文庫刊)
脚本:黒岩勉
演出:佐藤祐市、城宝秀則
プロデューサー:橋本芙美、芳川茜
製作:共同テレビ、TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/

      

「竜星涼がキーパーソンに? 『メゾン・ド・ポリス』随所に散りばめられた“深い意味”」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版