>  > 『アクアマン』ジェームズ・ワンが語る

『アクアマン』ジェームズ・ワン監督が語るヒットの秘訣 「自分が楽しめるのが1番のバロメーター」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジェイソン・モモア主演映画『アクアマン』が2月8日に公開された。『ジャスティス・リーグ』に登場したアクアマンが主人公の本作では、未知の文明と最狂の巨大海底モンスターたちを携えたアトランティス帝国の王に、人間として育てられながらも海底帝国の血を引くアクアマンが立ち向かう模様が描かれる。

 今回リアルサウンド映画部では、本作の監督を務めたジェームズ・ワンにインタビュー。『ソウ』シリーズや『死霊館』シリーズなどのホラー映画から、『ワイルド・スピード SKY MISSION』のエンタメ大作まで、幅広いジャンルの作品を手がける稀代のフィルムメーカーに、本作で意識したことや大ヒットの秘訣について話を聞いた。

「とにかく“自分が観たい映画”を撮る」

ーー本作は『DCエクステンデッド・ユニバース』(以下、DCEU)の第6作に当たりますが、シリーズの繋がりは薄く、より独立した作品になっていますね。

ジェームズ・ワン(以下、ワン):とにかく独立した映画にしたかったんです。いろんなDC映画がありますが、それにあまりとらわれたくありませんでした。その中で、幸いにも『アクアマン』は非常にユニークな世界観を持っています。他のキャラクターたちが出て来なくても、彼の映画にすることが前提でした。スタジオからも「他のキャラクターたちはこれまでに随分紹介されているけれど、今回はアクアマンのストーリを語りたい」というような指示がありました。

ーー何か参考にしたり意識したりしたアメコミヒーロー映画はありましたか?

ワン:他の作品は全く参考にしていません。やはりアクアマンというのは独自の世界観を持っていて、彼のストーリーは今まで誰もちゃんと描いたことがないと思います。1940年代から何十年にも渡ってコミックブックが非常に豊富にあったので、僕はそこから全てのインスピレーションを受けました。

ーー『ダークナイト ライジング』を超えて、本作は世界興収でDC映画史上最高記録を樹立しました。大ヒットに繋がった理由について、監督自身はどのように考えていますか?

ワン:すごく気分がいいです! オープニングはそれほどの成績ではなかったんですけど、とにかく毎週毎週いい数字を出しているんです。こういうのをstrong legs(泳ぐ足が強い、尻上がりという意味)って言うんですけど、やはり口コミで広がっています。観た人が「是非これを観た方がいいよ」といろんな人に言ってくれている。制作側からすると、これが理想の形なんです。今までこのキャラクターは、少しないがしろにされていたり、からかわれたりして、ポップカルチャーの中でもカッコいいヒーローとして扱われませんでしたが、今はクールでカッコよくて、尊敬できるキャラクターとして認識され始めている。僕にとっては、そこがまたオーディエンスとの繋がりを生み出していると思います。

ーーあなたはこれまでも『ソウ』『死霊館』『ワイルド・スピード』とシリーズものを成功させてきました。シリーズものを成功に導く秘訣はなんでしょう?

ワン:とにかく自分が映画のファンなので、自分が観たい映画を撮るということですね。僕が観たい映画が、たまたま一般のお客さんにも受けるんです。そういう姿勢で、自分が好きな、観たい映画を撮ってきています。

ーー一般目線で観たいというのを心がけていますか?

ワン:僕の作っている映画は、実験的な作品とかアートハウス系ではないので、そういった意味では、どのような観客が観るのかは意識しながら撮っています。でも、やはり“自分が楽しめる”というのが、1番のバロメーターにはなっています。

      

「『アクアマン』ジェームズ・ワン監督が語るヒットの秘訣 「自分が楽しめるのが1番のバロメーター」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版