>  >  > ジョーカーの歴史と人気の秘密

ホアキン・フェニックス版、来秋米公開! 改めて振り返る“悪役ジョーカー”の歴史と高い人気の秘密

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、アメリカに行った時に、ヒース・レジャー版のジョーカー(『ダークナイト』)が
プリントされたTシャツを着ていました。その時に空港の職員の方から「ジョーカーが好きなのか? 新しいジョーカー役が誰か知っているかい?」と話しかけられました。「ホアキン・フェニックス」と僕が答えると、その人は嬉しそうに笑いました。来年秋に米公開される映画でフェニックスがジョーカーを演じると発表され、エンタメ系メディアの間で話題になっていた時でした。

 ジョーカーはアメコミ・ヒーローのバットマンの敵なわけですが、今度のフェニックスの映画はバットマンの映画ではありません。なんとジョーカーを主役にした、その名も『ジョーカー(原題)』という作品なのです。つまりジョーカーは“バットマン物に出てくるキャラの1人”という枠を超え、自身が主役を張れるぐらいの人気キャラということです。ジョーカーはアメコミ史においても1、2位を争うぐらいの、スーパー人気ヴィラン(悪役)ですが、『ダークナイト』で故ヒース・レジャーが演じ、アカデミー賞を獲ったことで、映画史においても『羊たちの沈黙』のレクター博士や『スター・ウォーズ』のダース・ベイダー級の悪役になったと思います。だから先ほどの空港職員の人もアメコミ・ファンではなく映画ファンである可能性も高いわけです。

 もともとジョーカーは、1940年のコミック『Batman #1』でデビューしました。この号には5つのエピソードが収録されているのですが、”The Joker”と”The Joker Returns”とジョーカーについては2編載っており、ジョーカーを推していたことがわかります。当時の資料などを読むと、「人気の出てきたバットマンに対し、それ相応のすごい悪役を出そうということになった。しかしギャングや悪の科学者系はもう登場しているので、一目見てそれらと異なりハっとする顔がいい。基本、バットマンは黒いし無表情で夜のシーンが多いので、そこに白くて大きく笑っている、いかにも邪悪な奴がいい」と書いてあります。そうした狙いからジョーカーが生まれたそうです。

      

「ホアキン・フェニックス版、来秋米公開! 改めて振り返る“悪役ジョーカー”の歴史と高い人気の秘密」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版