木村佳乃が衝撃的な“悪女ぶり”を発揮 『後妻業』立ちはだかる木村多江とのバトル

木村佳乃が衝撃的な“悪女ぶり”を発揮 『後妻業』立ちはだかる木村多江とのバトル

 木村佳乃の衝撃的な悪女ぶりが話題の『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系)が1月22日に初回放送を迎えた。本作は、男をたぶらかす天性の才能を持ち、“後妻業”(=資産家の老人を狙う遺産相続目当ての結婚詐欺)をなりわいとする悪女・武内小夜子と、彼女を取り巻く男女の思惑が交錯する模様を描いたサスペンス。主人公・小夜子役の木村佳乃のほか、高橋克典、木村多江、伊原剛志、葉山奨之、篠田麻里子らが出演する。

 第1話では元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)と見合いをし、後妻の座を勝ち取る小夜子。後妻業のための結婚ゆえ、愛はなく、早々に中瀬に遺言公正証書を書かせる。それからは塩分の高い食事やハードな“デート”に連れ出し、中瀬を瀕死に追い込むが、そこで中瀬の娘たちが登場し小夜子の前に立ちはだかるのだった。

 娘の朋美を演じるのは木村多江。東京で設計事務所を営んでいた。父である中瀬が何度も結婚を繰り返すにも関わらず、朋美は事実婚。婚姻届を交わさない夫婦関係を選んだ。中瀬が後妻業の手口にかかり、「結婚」という契約に注目が集まる中、本作には、「結婚」に関して様々な価値観を持っている人物が登場する。朋美のように事実婚であったり、小夜子のように後妻業に徹して金儲けの手段に使ったり、中瀬のように何度も死別・結婚を繰り返したり。結婚と愛情はイコールか、結婚しているからこそ信頼を勝ち取れるのか。多くの人が「結婚」という契約を前に惑わされていく様子が描かれる。

 同ドラマは、小夜子と、小夜子に後妻業の相手を斡旋する亨(高橋克典)の物語だけをクロースアップすると、サスペンスらしいドライな婚姻関係が浮き彫りになる。しかしそこに絡み合う朋美夫婦の関係によって、時に恋愛や人生観を振り返りたくなる瞬間が訪れる。朋美と再会した探偵の本多(伊原剛志)は朋美と何か一波乱ありそうな様子を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ