>  >  > “朝ドラ出戻り組”の活躍

菅田将暉、要潤、瀬戸康史、加藤雅也らが幸福な恩返し 『まんぷく』“朝ドラ出戻り組”の活躍

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年に入り、視聴率・評価ともに高水準を維持したまま、後半戦が進んでいるNHK連続テレビ小説『まんぷく』。

 福子(安藤サクラ)の姉・克子を演じる松下奈緒は、『ゲゲゲの女房』のヒロイン・布美枝だし、母・鈴を演じる松坂慶子は、同じく『ゲゲゲの女房』で、戦争で傷ついた夫を支え、たくましく生きる貸本屋の女主人を演じていた。

松坂慶子『まんぷく』(提供=NHK)

 このように、『マー姉ちゃん』ヒロインの妹→『おしん』ヒロイン→『わかば』ヒロインの母→『まれ』ヒロインの祖母を演じた田中裕子を筆頭に、年齢の変化とともに役割を変えながら朝ドラに戻ってくる役者は多数いる。

 それは男性の俳優についても同じであり、今回の『まんぷく』では、男性の「朝ドラ出戻り組」の活躍が目立つ。

 その筆頭は、菅田将暉だろう。朝ドラデビューは、『ごちそうさん』のヒロイン・め以子(杏)の長男・泰介役。甲子園を目指す高校球児を演じていたが、昭和のニオイ漂う坊主頭が朝ドラの世界観にあまりにしっくりきていたことから、それが菅田将暉だったことに気づいていなかった人も多数いたようだ。

菅田将暉『まんぷく』(提供=NHK)

 もともと『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)のW主演・フィリップ役で役者デビューを果たした当初から、華奢で中性的でまっさらな、強い印象があった。さらに、『泣くな、はらちゃん』(日本テレビ系)ではおバカでユルいニートの弟役をナチュラルに演じた。しかし、同年に公開された主演映画『共喰い』の演技があまりに生々しく達者だったことから、その後は文芸・単館系の映画俳優になって行くのではないかと思えた。そんな翌年に出演したのが『ごちそうさん』である。ここでは、強すぎる個性や浮き立つ演技力を抑え、世界観に溶け込む器用さを発揮。菅田が特に突出しているのは、文芸系やインディペンデント系作品とメジャー作品との間を自由自在に行き来できることであり、その後は『民王』(テレビ朝日系)でのブレイク、「au三太郎シリーズ」の鬼ちゃんなどを経て、演技派に加えて「お茶の間の人気者」という箔までつけて、まさに故郷に錦を飾るかたちで『まんぷく』に出演したわけである。

 理不尽な理由で逮捕された萬平(長谷川博己)を助けるため、福子が依頼した弁護士・東太一役として登場した。東京帝大法学部を首席で卒業したエリートながら、オドオドしていて、気弱で頼りない雰囲気の若者は、これまでの菅田が演じたどの役とも違う。

 しかし、栄養失調で死にかけた妹を救ってくれた栄養食品「ダネイホン」の生みの親・萬平を救いたいという思いから、「国を訴える」という大胆な計画を打ち出す。本来、頼りなかった若手弁護士が、目に熱い情熱を宿らせ、覚醒し、強く大きく成長していく姿は、ほとんど主役のようだった。

      

「菅田将暉、要潤、瀬戸康史、加藤雅也らが幸福な恩返し 『まんぷく』“朝ドラ出戻り組”の活躍」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版