>  >  > 2018年“化学反応”を起こしたドラマたち

『アンナチュラル』『グッド・ドクター』『ぎぼむす』……人々が“化学反応”を起こした今年のドラマ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年のテレビドラマも豊作であった。今回はその中でも特に完成度の高かったものを紹介しよう。良質なドラマはいつの時代も、人と人が出会ったとき、組織やグループの中で意見がぶつかりあうとき、あるいは大切な者同士が愛し合うときなどに生まれる“化学反応”をないがしろにしない。医者が主人公の作品であれ、ホームドラマであれ、カリスマが活躍する作品であれ、同じことが言える。筆者が選んだのは、以下の作品である。作風はどれも全然違うが、それぞれの“反応”に惹きつけられたものばかりだった。

『アンナチュラル』(TBS系)

『アンナチュラル』(c)TBS

 本作の主演は石原さとみである。各話の解剖を通して紡がれる物語には幾度となく心を打たれたものだ。ただ、同様に井浦新演じる中堂の物語も観る者に訴えかけるものがたくさんあった。というより、彼の話を描くことにこそ、本作の意義の一つがあったように思える。

 恋人の死に関わる事実を追い続ける彼は、随所でどこか影のある一面を見せてきた。悲哀、憎悪、あるときには諦念といったように、顔に浮かぶ感情はシーンごとに変化する。ある意味では邪悪なときもある己の感情との葛藤の中で、中堂は自分なりにその感情と共存してきた。怒りという形をとって気持ちが溢れるときもあった。

 しかし、彼はミコト(石原さとみ)との関わりがあったからこそ、恋人をひたむきに愛し続ける自分こそが、本来の自分であることを忘れずにいられたのかもしれない。『アンナチュラル』は主題歌の「Lemon」(米津玄師)との“地続き”が何となく感じられた。それは、多くの視聴者が考えたように、中堂の物語があったことが理由の一つなのかもしれない。

『グッド・ドクター』(フジテレビ系)

『グッド・ドクター』(c)2018フジテレビ

 自閉症スペクトラム障害、サヴァン症候群を抱えている主人公の医師・新堂湊(山崎賢人)。そんな湊と、様々な病を抱える患者や家族との交流を丹念に描いた作品である。

 湊という主人公はまさしく“博愛”の体現者だった。藤木直人演じる高山医師からは、当初辛辣な言葉を浴びせられることが何度もあった。それでも湊は高山に怯えることはあっても、高山という人間を理解しようとした。虐待を受けた父親と再開したときも、湊は父親から認められ、ただ好きでいてくれることを望んだ。どんな相手であっても、心のドアをなるべく開け続けようとする彼のスタンスはまさに“博愛”と呼ぶに相応しかった。

 患者であれ、同僚であれ、そうしたスタンスで人に接する湊の姿に惹きつけられた。彼がサヴァン症候群を持つ医者であるということ以前に、ただ純粋に一人の医者としての姿勢が光っていた。

      

「『アンナチュラル』『グッド・ドクター』『ぎぼむす』……人々が“化学反応”を起こした今年のドラマ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版