>  >  > 『中学聖日記』有村と岡田が示す純愛の定義

有村架純と岡田健史が示した“純愛”の答え 『中学聖日記』が伝えた、人を本当に想うこととは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『中学聖日記』(TBS系)最終話では、ついに聖(有村架純)と晶(岡田健史)の恋の行方が描かれる。そして、それは人を思いやるという普遍的な行為のあり方も示した。

 12月11日に放送された『中学聖日記』第10話で、警察に通報したのは晶の母・愛子(夏川結衣)だった。愛子は聖と晶がいまだに隠れて逢ったことに、気づいていたのだった。しびれを切らした愛子は聖と晶が出会うことを法の力で禁じる。代理弁護士、賠償金、誓約書……その物々しさはグロテスクですらある。「自分の気持ちに嘘はつかない」と誓った聖だが法律・契約という壁の前に、晶とは再び引き離される。晶に二度と会わないという誓約書にサインするか否かが『中学聖日記』最終話で聖が迫られる選択だ。

 再び迷うこととなる聖。そんな迷う聖の手をとり、常にクールに導いてきた原口律(吉田羊)が倒れる。律はかつての恋人・勝太郎(町田啓太)の子を妊娠していた。その事実を聖も、勝太郎も知らなかった。弱みを見せてこなかった律も、一人で悩んでいたのだ。身ごもった体で仕事に行こうとする律を強い調子で止める聖の姿に、律は「今、産むことにした」とケロッと口にし、迷ってばかりだとこぼしていた聖に語る。「正解なんかない。わかるわけもない。だから自分自身の正解を探すの。一人で立ってその先に答えがあるって信じてる」。律は、聖より先に大きな決断をしたのだ。

 一方、晶は受験が終わったら聖のことを考えるという愛子の言葉を了承し、受験勉強に励んでいたが、偶然誓約書の話を聞き、激昂。再び聖の家に駆けつける。「会いたい」と強く訴える晶からの呼びかけに聖は答えなかった。

      

「有村架純と岡田健史が示した“純愛”の答え 『中学聖日記』が伝えた、人を本当に想うこととは」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版